釜石のナミビア―カナダ戦は中止…土砂崩れや浸水被害

釜石鵜住居復興スタジアム

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会を主催する国際統括団体ワールドラグビーと大会組織委員会は13日、同日に岩手県釜石市で予定されていたグループリーグB組のナミビア―カナダ戦を中止すると発表した。

今大会で中止となるのは、3試合目。台風19号の影響で12日夜から大雨となり、試合会場周辺で土砂崩れや浸水の被害が出ているという。

C組の米国―トンガ(東大阪)、D組のウェールズ―ウルグアイ(熊本)戦については、予定通り開催する。A組の日本―スコットランド(横浜)戦は会場の点検後、開催の可否が決まる。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>