日本4トライで史上初の8強進出…ラグビーW杯


前半、福岡がトライを決める=冨田大介撮影

前半、福岡がトライを決める=冨田大介撮影

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会はグループリーグ最終日の13日、A組の日本代表がスコットランド代表と横浜市の横浜国際総合競技場で対戦、28―21(前半21―7)で勝ち、4連勝で史上初の決勝トーナメント進出を決めた。20日の準々決勝でB組2位の南アフリカと戦う。

日本は前半、先制トライを許したが、松島、稲垣、福岡がトライを挙げるなどして14点リードで折り返し、後半開始早々、福岡がこの試合2つ目のトライを決めた。スコットランドも2トライで反撃したが、日本は何とかしのぎきった。

【試合速報】運命のスコットランド戦、速報・実況は
こちら

世界ランキングは8位の日本に対し、スコットランドが9位。しかし、通算対戦成績は日本が1勝10敗と大きく負け越しており、2015年の前回大会では10―45で完敗。翌年に国内でのテストマッチ(国・地域代表チーム同士の国際試合)2試合も連敗している。

【試合経過】

前半1分、ラファエレがボールをカットし、ランから前方にキックを送る。スコットランドが何とかしのぐ。

前半6分、スコットランドに先制トライを許す。日本0ー5。トライ後のゴールも決まり、日本0-7スコットランド

前半16分、田村のペナルティーゴールは外れる。日本0ー7スコットランド。


前半、松島がトライを決める=伊藤紘二撮影

前半、松島がトライを決める=伊藤紘二撮影

前半17分、松島がトライを決める。トライ後のゴールも田村が決め同点。日本7ー7スコットランド。

前半21分、負傷した具に代わりバルが入った。

前半25分、稲垣がトライを決める。日本12ー7スコットランド。

前半26分、トライ後のゴールを田村が決め、7点差。日本14-7スコットランド。

前半27分、勝ち越されたスコットランドはラッセルが珍しくノックオン。

前半29分、堀江がタックルを受けTMOで審議。スコットランドへのカードは出ず、スコットランドボールのスクラムで再開。

前半38分、田村のペナルティーゴールは外れる。日本14ー7スコットランド。

前半39分、福岡が3試合連続のトライ。日本19ー7スコットランド。トライ後のゴールを田村が決める。日本21ー7スコットランド。前半終了。


前半、攻め込む福岡(中央)ら=伊藤紘二撮影

前半、攻め込む福岡(中央)ら=伊藤紘二撮影

後半始まる。

後半2分、福岡がトライ。4本目のトライでボーナスポイント獲得。日本26ー7スコットランド。

後半3分、トライ後のゴールを田村が決める。日本28ー7スコットランド。

後半9分、スコットランドが2本目のトライ。日本28ー12スコットランド。

後半10分、トライ後のゴールをスコットランドが決める。日本28ー14スコットランド。

後半10分、流が出て田中が入る。トゥポウが出て山中が入る。

後半11分、ムーアが出てヘルが入った。

後半14分、スコットランドが3本目のトライ。日本28ー19スコットランド。


後半、スコットランドがトライを決める=杉本昌大撮影

後半、スコットランドがトライを決める=杉本昌大撮影

後半15分、スコットランドのトライ後のゴールが決まる。日本28ー21スコットランド。

後半16分、稲垣が出て中島が入る。

後半32分、リーチが出てツイが入り、堀江が出て坂手が入った。

スコットランドの猛攻しのぎ、試合終了。

    ◇◇

日本の先発は以下の通り。

〈1〉稲垣(パナソニック)〈2〉堀江(パナソニック)〈3〉具智元(ホンダ)〈4〉トンプソン(近鉄)〈5〉ムーア(サニックス)〈6〉リーチ(東芝)〈7〉ラブスカフニ(クボタ)〈8〉姫野(トヨタ自動車)〈9〉流(サントリー)〈10〉田村(キヤノン)〈11〉福岡(パナソニック)〈12〉中村(サントリー)〈13〉ラファエレ(神戸製鋼)〈14〉松島(サントリー)〈15〉トゥポウ(コカ・コーラ)

【あわせて読みたい】

・【日本対スコットランド】
試合速報、大久保直弥さんが解説


[データで見る]スコットランドの司令塔、レイドローの意外な弱点とは

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>