南アがメンバー発表…「日本は9月の対戦時より大きく向上」

 日本戦を前に記者会見に臨む南アフリカのエラスムス監督(左)(17日午後2時32分、東京都新宿区で)=伊藤紘二撮影
日本戦を前に記者会見に臨む南アフリカのエラスムス監督(左)(17日午後2時32分、東京都新宿区で)=伊藤紘二撮影

南アフリカは17日、日本戦の出場予定メンバーを発表した。49―3で快勝した4日のイタリア戦(静岡)と先発、控えとも同じメンバーとなったことに、東京都内で記者会見したエラスムス監督は「イタリア戦でのパフォーマンス、そして継続性を考えて選んだ」と説明した。

日本について、開幕前の9月6日に対戦した時と比較し、「我々が戦った時より大きく向上している」と評価。その上で、「我々も向上している。我々が強みを持っているところで戦っていきたい」と、持ち味である身体的な強さを生かすスタイルで迎え撃つ考えを示した。先発メンバーは次の通り。

▽FW ムタワリラ、ムボナンビ、マルヘルベ、エツベス、デヤーヘル、コリシ、P・デュトイ、フェルミューレン▽BK デクラーク、ポラード、マピンピ、デアリエンディ、アム、コルビ、ルルー

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>