釜石でW杯ドリームマッチを~台風で中止「ナミビア対カナダ」

釜石鵜住居復興スタジアムでの試合前に、三陸鉄道・鵜住居駅で降車する人たちに向かって振られる大漁旗(2019年9月25日、岩手県釜石市で)

特定非営利活動法人「スクラム釜石」が、台風19号の影響で中止になったラグビー・ワールドカップ(W杯)グループリーグB組「ナミビア対カナダ」の「ドリームマッチ」を、釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県)で開催しようと呼びかけている。

釜石会場では、9月25日のフィジー対ウルグアイ、10月13日のナミビア対カナダの2試合が開催されることになっていたが、10月12日夜からの大雨で会場周辺で土砂崩れや浸水被害が起きたため、第2戦のナミビア対カナダは中止に。

スクラム釜石は、東日本大震災(2011年)後、ラグビーを通じた復興支援活動のため結成された。W杯の日本開催が決まると、「鉄と魚とラグビーの街で世界一の戦いを」を合言葉に、試合の誘致活動の先頭に立ってきた。

スクラム釜石は19日、ホームページ上で、関係者への感謝の言葉とともに、次のメッセージを掲げた。「いま私たちが考えているのは、今回は試合をできなかったけれど、ボランティア活動や交流会で繋がりを作ってくれたナミビア、カナダのみなさんに、もう一度釜石に来ていただき、釜石鵜住居復興スタジアムの芝の上でラグビーをしていただくことです。その姿を釜石のみなさん、東北のみなさんに見ていただきたい」

【関連記事】
ラグビー・カナダ代表、釜石でボランティア…ナミビア戦中止で
釜石のナミビア―カナダ戦は中止…土砂崩れや浸水被害
W杯待つ 私たちの舞台…あと50日 元ラガーマン 建設・整備に奔走
釜石ラグビー物語~「祈り」と「誇り」で地域一丸
被災地の「希望」背負って~釜石鵜住居復興スタジアム

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>