イングランドも「ダブル司令塔」…NZ戦


準決勝のニュージーランド戦について話すイングランドのエディー・ジョーンズ監督(右)(24日)=冨田大介撮影

準決勝のニュージーランド戦について話すイングランドのエディー・ジョーンズ監督(右)(24日)=冨田大介撮影

イングランドは24日、NZ戦の出場予定メンバーを発表した。先発の15人で見ると、豪州を退けた準々決勝と14人が同じ顔ぶれ。昨年11月の対戦で惜敗した試合からは約半数が代わった。千葉県浦安市で記者会見したジョーンズ監督は「NZとの試合がいつかはくると思い、2年半、戦術を構築してきた。自信はある」と力強く語った。

スタンドオフには、豪州戦で先発から外れたフォードが返り咲き、センターに入る主将のファレルとの「ダブル司令塔」で臨む。キックを得意とするフォードは「(NZが)何をしたいのかはすごく研究したし、十分に分かっている。僅差の試合になると思う」と、王者の3連覇阻止に意欲をたぎらせた。

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>