ラグビーW杯、「ファンゾーン」に過去最高102万人

ラグビーW杯の日本大会組織委員会は27日、全国12開催地に設置された「ファンゾーン」計16会場の入場者数が、26日の準決勝第1戦までで計102万4000人となり、2015年大会の100万人を超えて過去最多になったと発表した。

日本代表を応援するファンら(10月13日、大分市のファンゾーンで)

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>