ラグビーW杯、再び日本招致の意向「20年以内目標」

日本ラグビー協会は31日、東京都内で開かれた国際統括団体ワールドラグビーの総会で、W杯を再び招致する意向を表明した。協会の岩渕健輔専務理事が、日本大会への各国の協力について謝辞を述べ、「アジアのためにもう一回開催したい」と語ったという。総会後、森重隆会長は「目標は20年以内」と説明した。また、森会長は日本代表強化のため、南半球4か国対抗とスーパーラグビーの主催団体の担当者と1日に面会し、日本の要望を伝えることを明らかにした。

日本代表の躍進もあって、今回のW杯は、日本に空前のラグビーブームを起こした

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>