ラグビーW杯、南アが優勝…イングランド破り3大会ぶり3度目


優勝トロフィー「ウェブ・エリス杯」を掲げて喜ぶ南アフリカの選手たち(2日午後8時23分、横浜国際総合競技場で)=冨田大介撮影

優勝トロフィー「ウェブ・エリス杯」を掲げて喜ぶ南アフリカの選手たち(2日午後8時23分、横浜国際総合競技場で)=冨田大介撮影

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、南アフリカがイングランドに32―12で快勝して、3大会ぶり3度目の優勝を飾った。優勝3度はニュージーランドと並び最多タイ。

 【試合速報・解説は
こちら


前半、ボールを奪い合う両チーム=伊藤紘二撮影

前半、ボールを奪い合う両チーム=伊藤紘二撮影

決勝戦の前半は互いにノートライで、得点は全てペナルティーゴール。南アフリカが4本、イングランドが2本を決めた。


前半、ポラードがペナルティーゴールを決める=杉本昌大撮影

前半、ポラードがペナルティーゴールを決める=杉本昌大撮影

南アフリカはポラードのペナルティーゴールで着実に得点を重ね、後半25分にマピンピ、33分にコルビがトライを決め突き放した。屈強な体を生かした防御で相手をノートライに封じた。4大会ぶり2度目の優勝を目指したイングランドは、3度目の準優勝となった。

前回大会3位の南アフリカは、グループリーグでニュージーランドに敗れてB組2位通過となったが、そのニュージーランドを準決勝で破ったイングランドを圧倒。大会で黒星を喫したチームの優勝は初めてとなった。

アジア初開催で、44日間にわたった熱戦は幕を閉じ、次回23年大会はフランスで開かれる。

 【試合速報・解説は
こちら
】 

関連ニュース

<<
ニュース一覧へ戻る
>>