釜石ラグビー物語~「祈り」と「誇り」で地域一丸

赤いジャージーの釜石チームにはV7戦士も参加した

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会会場となる岩手県釜石市の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムで、3月30、31の両日、「KAMAISHIラグビーマスターズ交流会2019」が行われた。40歳の「不惑」に達したラグビー経験者を中心とする首都圏などの15チーム約230人が参加し、W杯への機運を盛り上げた。

日本国内では各地で「不惑大会」が行われているが、この交流会は一味違う。チームの母体によって「地域クラブ」「企業」「高校」という三つのカテゴリーに分かれて試合が予定された。地域クラブ母体は11チーム(うち4チームは60歳以上)、企業母体は2チーム、高校母体は全国大会「花園」常連の秋田工と天理(奈良県)のOBチームが参加した。

両日とも、この時期としては珍しい大雪となり、試合の組み合わせや時間を変更して行われた。岩手や釜石のチームの試合には、トップリーグ昇格を目指す「釜石シーウェイブス」のゼネラルマネージャー桜庭吉彦さん(52)や、新日鉄釜石の日本選手権7連覇当時のメンバー石山次郎さん(61)も出場した。

桜庭さんは「W杯開催と釜石のラグビーでつながり、こんなに大勢の人に集まっていただき、感謝の一言です」と話した。ラグビーを通じて東日本大震災からの復興支援活動を行う特定非営利活動法人(NPO)「スクラム釜石」代表でもある石山さんは「ここを日本一のスタジアムにするにはどうすればいいかということを検討している最中です」と述べ、大会後の「レガシー」を見据えていた。

ラグビーの価値観を変えた「ワンチーム」

釜石市ラグビーワールドカップ2019推進本部事務局の長田剛さん(36)は、釜石に来て10年目の春を迎えた。トップリーグにも所属した関西社会人ラグビーチーム「ワールドファイティングブル」から2009年、シーウェイブスに移籍し、選手やコーチとして9年間過ごした。昨春から同市の任期付き職員としてW杯日本大会に関わる。釜石は特別な街だと感じている。

釜石への思いを語る長田剛さん

「チームは強くなって地域に愛されると思っていた。釜石では、チームは地域に愛されて強くなる」

シーウェイブスの前身で、1970年代後半から日本選手権を7連覇した新日鉄釜石時代から続くチームと地域の絆なのだろう。選手と地域との距離も近い。

「現役時代はどこへ行っても『がんばれよ』と励まされた。今でも試合会場では『ジャージー、着ないの?』と冗談を言われる」

高校は天理、大学は帝京で活躍し、選手としてのキャリアアップやチームの勝利のためにプレーをしてきた。釜石に来てからは「地域のために」の思いが強まる。ラグビーの価値観が変わった。

大震災当時、シーウェイブスの選手やスタッフは誰からともなく震災ボランティアに加わった。プロ契約の外国人選手も「この街のために」と帰国せず残った。

この年、シーウェイブスでは「ワンチーム」がスローガンとなる。「選手だけでなく、釜石の人たち、岩手の人たちも、みんなで一つのチームとして戦う。それが釜石の再建、被災者の心の復興につながると思った」と長田さんは話してくれた。

釜石は製鉄所の高炉が休止され、ラグビーも日本一から遠ざかっている。震災で津波被害を受け、復興に向けた歩みが続く。長田さんはW杯で海外から訪れる人たちにも、こうした歴史を知ってほしいと思っている。

「そこにラグビーの絆と力を感じてもらえれば、全ての人にとって釜石は特別な街になる」

「ワンチーム」の一員であり続ける長田さんは、そう信じている。

「釜石の奇跡」語り継ぐ新設会場

釜石鵜住居復興スタジアムは、W杯日本大会で唯一の新設会場だ。スタジアムは津波で全壊した釜石市立釜石東中学校と鵜住居小学校の跡地に立つ。学校にいた生徒・児童は高台に避難した全員が助かり、迅速な行動は「釜石の奇跡」として伝えられている。震災からの復興を目指す釜石のスタジアムには、様々な思いが込められている。

復興に向けた羽ばたきや船出をイメージして作られたメインスタンド(釜石市提供)

メインスタンドの屋根幕は、鳥の羽や船の帆をイメージした。最長部分は約67メートルあり、復興に向けてスタートする姿を表現する。

メインスタンド前列には「絆シート」がある。旧国立競技場や東京ドーム、熊本県民運動公園から寄贈された座席を設置し、多くの支援を受けてスタジアムが完成したことに感謝の気持ちを示している。山林火災の被害を受けた地元木材を活用したシートは、釜石の豊かな自然を感じさせる。

災害対策には力を入れた。駐車場から裏山にかけて2キロにわたる避難路を整備し、津波への備えを怠らない。耐震性の貯水槽や、緊急時に雨水などをため込む貯留槽も設けた。

上空から見た釜石鵜住居復興スタジアム(釜石市提供)

グラウンドには日本初の床土改良型ハイブリッド天然芝を採用した。表面の西洋芝の下に人工繊維、その下には砂を敷く。水はけと衝撃吸収性に優れ、根付きも良く、一定のコンディションが保たれる。

長田さんは「芝の表面がはがれるようなこともなく、スクラムでも選手がスリップしてパフォーマンスが落ちることはまずない」と話す。

整備事業費は48億7800万円。常設6000席で、W杯開催時は仮設の1万席を加えて1万6000人を収容する。

釜石鵜住居復興スタジアムの試合日程
▽予選プール
9月25日(水)フィジー 対 ウルグアイ
10月13日(日)ナミビア 対 カナダ

渡辺 嘉久(わたなべ・よしひさ) 読売新聞東京本社編集委員。1964年、東京都生まれ。1987年、読売新聞東京本社入社。青森支局、社会部、政治部、世論調査部などを経て2013年から現職。「若者と政治」をテーマに幅広い分野を取材する。年間企画「平成時代」、夕刊「密着」なども担当。大学時代に同好会でラグビーを始め、入社以来のブランクを経て40歳過ぎで再開。今も時々、プレーを楽しむ。

関連コラム

<<
コラム一覧へ戻る
>>