ポジション

< >内の数字は背番号

 

▽フォワード(FW)<1>~<8>
体格とパワーを生かしてスクラムやラインアウトを担当

 

  • プロップ(PR)<1><3>:支柱の意味。スクラムの前列で相手FWと組み合う。体が大きな力持ち
  • フッカー(HO)<2>:両プロップの間でスクラムを制御する。横から投げ入れられたボールを足で引っかけてかき出す役割も
  • ロック(LO)<4><5>:カギの意味。長身選手が多く、ラインアウトではジャンパーを担うことが多い
  • フランカー(FL)<6><7>:側兵の意味。スクラムでは3列目の左右につく。豊富な運動量で密集に駆けつけ、仲間をサポート
  • ナンバーエイト(No.8)<8>:攻撃と防御の要。スクラムの最後尾から突破を図るなど、多彩なプレーを繰り出す

 

▽バックス(BK)<9>~<15>
俊足とパスやキックを駆使して点を取る

 

  • スクラムハーフ(SH)<9>:フォワードとバックスのつなぎ役。密集からボールをさばき、攻撃のテンポを作る。試合中、最も多くボールに触れるポジション
  • スタンドオフ(SO)<10>:チームの司令塔。戦況を見極め、パス、キック、ランを選択する状況判断が常に求められる
  • ウィング(WTB)<11><14>:布陣の両翼に位置し、俊足を生かしてトライを奪う
  • センター(CTB)<12><13>:スタンドオフの後方で攻守の基点となる。バックスの中では相手チームの選手との接触プレーが多い
  • フルバック(FB)<15>:チームの最後尾でゴールラインを守り、カウンター攻撃の起点でトライも決める

 

 

<<
ルール解説一覧へ戻る