【イングランド】 2度目の頂点目指す「ラグビーの母国」

England

世界ランキング3位

飾り気のない白いジャージーには「ラグビーの母国」の威厳とプライドが漂う。北半球のチームで唯一、ワールドカップ(W杯)を制したが、前回2015年W杯では、開催地チームとして初めて決勝トーナメントに進めなかった。

名誉挽回と再びの頂点へのシナリオはヘッドコーチのエディー・ジョーンズが描く。前回大会で日本を率いた知将は、相手を徹底的に分析し、強みを消して弱みを突く戦術を組み立てる。その狙いは試合運びに如実に表れ、ラグビーが「駆け引きのゲーム」であることを実感できて面白い。

イングランドサポーターの歓喜の歌「スウィング・ロウ・スウィート・チャリオット」(Swing Low,Sweet Chariot)の大合唱を決勝の舞台で聞けるかどうかは、試合後半の戦い方にかかっている。

2度目の優勝トロフィー「ウェブ・エリス杯」を狙う。エディー・ジョーンズが描くシナリオのメインキャストはスタンドオフのオーウェン・ファレルだ。センスにあふれ、正確なパスとキックに加え、ハードなタックルでチームを鼓舞する。ウィング、フルバックにはスピードと力強さを備えたジョニー・メイ、ジャック・ノーウェル、エリオット・デイリーが並ぶ。3大会連続出場となるスクラムハーフのベン・ヤングスは安定感がある。

フォワードではオーストラリア出身ナンバーエイトのビリー・ヴニポラは相手ディフェンスラインを突破する強力なペネトレーターだ。ロックのコートニー・ロウズ、マロ・イトジェは労をいとわない。

不安は、シナリオが狂い始めた時の修正力だろう。今年の欧州6か国対抗ではウェールズに逆転負けを喫し、スコットランド戦では前半の大量リードを守れず引き分けるなど課題がある。

関連記事

関連ニュース