【ウェールズ】 バランスの良さと選手層の厚みで「史上最強」

Wales

世界ランキング2位

赤いジャージーとウェールズの旗に描かれた竜にちなみ「レッド・ドラゴン」と呼ばれる。1970年代にはバックスにタレントをそろえて黄金時代を築いた。今のチームはこの時期を上回り「ウェールズ史上最強」とも言われている。

今年の欧州6か国対抗は6年ぶりの優勝を全勝のグランドスラムで飾った。2007年に就任したニュージーランド出身のウォーレン・ガットランドヘッドコーチの体制で3回目の優勝。全英代表のブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズも2度率いた名将は今大会で退任する。ワールドカップの過去最高成績は3位。今大会の目標はもちろん優勝だ。

先発出場の機会が多かったスタンドオフのガレス・アンスコムは負傷で出場を見送らざるを得なくなった。それでも選手層は厚く、チームバランスも優れている。代わって先発スタンドオフを務めるダン・ビガーは前回2015年イングランド大会の実績がある。フルバックはスピード豊かなリーアム・ウイリアムズに加え、世界屈指と言われたリー・ハーフペニーが復帰する。身長190センチを超す長身ウィングのジョージ・ノースは傑出したトライゲッターだ。

フォワードはチームの精神的支柱でもある主将のアラン・ウィン・ジョーンズがまとめる。フランカーのジャスティン・ティプリック、ナンバーエイトのロス・モリアーティが接点の攻防を制してチャンスを広げる。

関連記事

関連ニュース