第90回選抜高校野球大会

26日ハイライト

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

創成館3―1下関国際(2回戦=26日)創成館(長崎)は一回、藤の適時二塁打などで2点を先行。下関国際(山口)は二回、品川のスクイズで1点を返したが、四球と甲山の安打で好機を作った五回は無得点に終わった。創成館は七回、藤の犠飛で加点。川原―伊藤の継投で中盤以降は得点を許さず、選抜初勝利を挙げた。

創成館3―1下関国際 力投する創成館先発の川原(26日)=松本拓也撮影

創成館3―1下関国際 力投する下関国際先発の鶴田(26日)=松本拓也撮影

創成館3―1下関国際 1回創成館無死2塁、藤が先制2塁打を放つ(捕手・品川)(26日)=浦上太介撮影

創成館3―1下関国際 1回創成館1死1、3塁、松浪の内野ゴロの間に3塁走者・藤が生還し2点目(捕手・品川)(26日)=吉野拓也撮影

創成館3―1下関国際 2回下関国際1死1、3塁、品川のスクイズで1点を返す(26日、甲子園球場で)=吉野拓也撮影

創成館3―1下関国際 5回下関国際無死、品川の邪飛を捕手の平松と激突しながら好捕する1塁手・深見(左)(26日)=吉野拓也撮影

創成館3―1下関国際 7回下関国際2死2塁、甲山の安打で2塁走者・浜松が本塁を突くもタッチアウト(捕手・平松)(26日)=吉野拓也撮影

創成館3―1下関国際 下関国際に勝利し、笑顔でアルプス席へあいさつに行く創成館の選手たち(26日)=里見研撮影

創成館3―1下関国際 創成館に敗れ、ベンチ前に整列する下関国際の選手ら(26日)=吉野拓也撮影

大阪桐蔭14―2伊万里(2回戦=26日)大阪桐蔭(大阪)が計20安打14得点で大勝。一回、青地、根尾らの適時打で計5点を先行すると、二回にも中川、根尾の適時打で3点を加えた。四回以降も加点し、リードを広げた。伊万里(佐賀)は八回に末吉が適時打、九回には代打前川が適時二塁打を放ったが、反撃が遅かった。

大阪桐蔭14―2伊万里 力投する伊万里先発の山口修(26日)=松本拓也撮影

大阪桐蔭14―2伊万里 1回、ピンチを招きマウンドに集まる伊万里ナイン(26日)=浦上太介撮影

大阪桐蔭14―2伊万里 1回大阪桐蔭2死2塁、根尾が適時3塁打を放つ(26日)=里見研撮影

大阪桐蔭14―2伊万里 1回大阪桐蔭2死2、3塁、小泉が2点適時打を放つ(26日)=里見研撮影

大阪桐蔭14―2伊万里 8回伊万里1死1塁、末吉が適時打を放ち1点を返す(捕手・小泉)(26日)=浦上太介撮影

大阪桐蔭14―2伊万里 8回伊万里1死1塁、末吉の適時打で生還し、ベンチで迎えられる1塁走者の山口瑞(左)(26日)=里見研撮影

大阪桐蔭14―2伊万里 9回伊万里無死3塁、代打の前川が適時2塁打を放つ(26日)=里見研撮影

大阪桐蔭14―2伊万里 アルプス席へあいさつに行く大阪桐蔭の選手たち(26日で)=吉野拓也撮影

大阪桐蔭14―2伊万里 大阪桐蔭に敗れ、甲子園の砂を集める伊万里の選手たち(26日)=里見研撮影

花巻東5―3東邦(2回戦=26日)花巻東(岩手)は一回、1点を先制すると、四回には田中の適時打で2点を加え、その後も小刻みに加点した。先発のエース田中が3失点完投。東邦(愛知)は九回に粘りを見せ、2点を奪って追い上げたが、及ばなかった。

花巻東5―3東邦 完投した花巻東の田中(26日)=吉野拓也撮影

花巻東5―3東邦 1回花巻東1死2、3塁、中村の内野ゴロで本塁をついた3塁走者の阿部をタッチアウトにする捕手の反頭(26日)=松本拓也撮影

花巻東5―3東邦 先発し4回途中まで投げた東邦の扇谷(26日)=松本拓也撮影

花巻東5―3東邦 4回花巻東1死2、3塁、田中の適時打でタッチをかいくぐって生還する2塁走者の上戸鎖(捕手・反頭)(26日)=吉野拓也撮影

花巻東5―3東邦 4回途中から登板した東邦の西(26日)=松本拓也撮影

花巻東5―3東邦 8回花巻東1死3塁、田中が適時打を放つ(26日)=里見研撮影

花巻東5―3東邦 東邦に勝利し、笑顔でアルプス席へあいさつに向かうの花巻東の選手たち(26日)=吉野拓也撮影

花巻東5―3東邦 花巻東に敗れ、ベンチ前に整列する東邦の選手ら(26日)=里見研撮影

【撮影】読売新聞写真部 【作成】読売新聞メディア局編集部
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます