第90回選抜高校野球大会

決勝ハイライト

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

大阪桐蔭5―2智弁和歌山(決勝=4日) 大阪桐蔭(大阪)が智弁和歌山(和歌山)に5―2で勝ち、史上3校目の連覇を果たした。
 智弁和歌山は四回、東妻の適時打で2点を先行した。
 大阪桐蔭はその裏、藤原、根尾の連打などで好機を作り、内野ゴロなどで2点を挙げて追いついた。
 智弁和歌山は六回、先頭の冨田が安打を放ったが、黒川が内野ゴロ併殺打に倒れた。
 大阪桐蔭は七回、宮崎の適時打で1点を勝ち越した。八回にも藤原、根尾の適時打で突き放し、根尾が2失点で完投した。

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 力投する大阪桐蔭先発の根尾(4日)=秋月正樹撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 力投する智弁和歌山先発の池田(4日)=秋月正樹撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 4回智弁和歌山2死2、3塁、東妻が先制の2点適時打を放つ(投手・根尾、捕手・小泉)(4日)=里見研撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 4回智弁和歌山2死2、3塁、東妻の先制適時打で2塁走者の黒川(右)も生還する(捕手・小泉)(4日)=松本拓也撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 4回大阪桐蔭無死満塁、小泉の併殺打の間に3塁走者の根尾が生還し同点(捕手・東妻)(4日)=秋月正樹撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 7回大阪桐蔭1死2塁、宮崎が勝ち越しの適時打を放つ(捕手・東妻)(4日)=里見研撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 7回、平田(右)にマウンドを託す先発の池田(4日)=秋月正樹撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 7回大阪桐蔭1死2塁、宮崎が勝ち越しの適時打を放つ(捕手・東妻)(4日)=里見研撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 7回大阪桐蔭1死2塁、宮崎の適時打で2塁走者の小泉が勝ち越しの生還をする(捕手・東妻)(4日)=秋月正樹撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 8回大阪桐蔭無死2塁、藤原が適時2塁打を放つ(4日)=松本拓也撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 8回大阪桐蔭無死2塁、根尾が適時打を放つ(投手・平田)(4日)=里見研撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 ウィニングボールを手に連覇を喜ぶ根尾(4日)=里見研撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 2年連続の優勝を決めて喜ぶ大阪桐蔭の選手たち(4日)=秋月正樹撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 2年連続の優勝を決めて喜ぶ大阪桐蔭ナイン(4日)=里見研撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 2年連続の優勝を決めて喜ぶ大阪桐蔭ナイン(4日)=秋月正樹撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 優勝旗を手に場内を1周する大阪桐蔭の中川主将ら(4日)=松本拓也撮影

大阪桐蔭5―2智弁和歌山 準優勝旗を手にする智弁和歌山の文元主将(4日)=松本拓也撮影

【撮影】読売新聞写真部 【作成】読売新聞メディア局編集部
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます