第90回選抜高校野球大会

24日ハイライト

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

日大三5―0由利工(1回戦=24日)由利工(秋田)は三回、井島、石原の連打で好機を作るも無得点。日大三(東京)は四回、日置の今大会1号となるソロ本塁打で先行すると、柳沢の犠飛で加点。六回は飯村の適時打、七回は日置の適時打で追加点を奪った。投げては中村―井上の零封リレーで、春夏合わせて甲子園通算50勝目を挙げた。

日大三5―0由利工 2回日大三2死1塁、打者・小沢の時、2盗を試みた1塁走者・柳沢をタッチアウトにする遊撃手の佐々木(24日)=浦上太介撮影

日大三5―0由利工 4回日大三無死、日置が大会第1号の本塁打を放ち先制(24日)=里見研撮影

日大三5―0由利工 6回日大三1死3塁、飯村が適時打を放つ(24日)=吉野拓也撮影

日大三5―0由利工 7回日大三1死2塁、日置に適時打を浴びた佐藤亜(24日)=松本拓也撮影

日大三5―0由利工 7回日大三1死2塁、日置の適時打で生還する2塁走者の金子(捕手・畑山)(24日)=浦上太介撮影

日大三5―0由利工 8回日大三1死2塁、斉藤の適時打で生還する2塁走者の柳沢(捕手・畑山)(24日)=浦上太介撮影

日大三5―0由利工 惜しくも敗れ、甲子園の土を集める由利工の選手ら(24日)=里見研撮影

日大三5―0由利工 初戦を突破し、笑顔でアルプス席へあいさつに向かう日大三の選手ら(24日)=吉野拓也撮影

静岡7―0駒大苫小牧(1回戦=24日) 静岡(静岡)は三回、斎藤の2点三塁打と成瀬の適時打で3点を先行。五回にも、斎藤の2本目となる2点三塁打と成瀬の適時打で計3点を加え、六回は村松の適時打でリードを広げた。静岡のエース春は駒大苫小牧(北海道)を4安打に抑え、今大会初の完封勝利。

静岡7―0駒大苫小牧 力投する駒大苫小牧先発の大西(24日)=浦上太介撮影

静岡7―0駒大苫小牧 3回静岡2死3塁、成瀬が適時打を放つ(24日)=里見研撮影

静岡7―0駒大苫小牧 3回静岡2死3塁、成瀬が適時打を放つ(24日)=松本拓也撮影

静岡7―0駒大苫小牧 6回静岡1死1、3塁、打者・黒岩の内野ゴロで飛び出した3塁走者の山本(中央)をタッチアウトにする3塁手の福岡(24日)=浦上太介撮影

静岡7―0駒大苫小牧 駒大苫小牧を完封した静岡先発の春(24日)=浦上太介撮影

静岡7―0駒大苫小牧 静岡に敗れ、ベンチ前に整列する駒大苫小牧の選手たち(24日)=吉野拓也撮影

静岡7―0駒大苫小牧 駒大苫小牧に勝利し、校歌を歌う静岡の選手たち(24日)=吉野拓也撮影

日本航空石川10―0膳所(ぜぜ)(1回戦=24日)日本航空石川(石川)が11安打10得点で快勝。四回に上田、長谷川の連続適時打で2点を先制すると、六~八回に加点し、突き放した。投手陣は3人の継投で零封リレー。膳所(滋賀)は初回に二死満塁と攻めたが、あと一本が出なかった。

日本航空石川10―0膳所 日本航空石川を相手に力投する先発の手塚(24日)=浦上太介撮影

日本航空石川10―0膳所 初回を無失点で切り抜けた先発の手塚(中央)を迎える膳所ナイン(24日)=浦上太介撮影

日本航空石川10―0膳所 4回日本航空石川1死1塁、上田が先制2塁打を放つ(投手・手塚、捕手・石川唯)(24日)=松本拓也撮影

日本航空石川10―0膳所 4回日本航空石川1死2塁、長谷川が適時打を放つ(24日)=吉野拓也撮影

4回、先制点を許しマウンドで円陣を組む膳所ナイン(24日、甲子園球場で)=松本拓也撮影

日本航空石川10―0膳所 7回日本航空石川2死2塁、原田が適時打を放つ(24日)=里見研撮影

日本航空石川10―0膳所 8回日本航空無死2塁、井岡の飛球に飛びつく左翼手の星田(24日)=吉野拓也撮影

日本航空石川10―0膳所 日本航空石川に敗れ、ベンチ前に整列する膳所の選手ら(24日)=吉野拓也撮影

日本航空石川10―0膳所 膳所に勝利し、校歌を歌う日本航空石川の選手たち(24日)=里見研撮影

【撮影】読売新聞写真部 【作成】読売新聞メディア局編集部
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます