関東・東海で記録的大雨

静岡・熱海で土石流

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

土石流が発生した現場(2021年7月3日午後0時1分、熱海市伊豆山で)=中山智道撮影

集落に押し寄せた土石流(3日午後0時2分、静岡県熱海市伊豆山で)=中山智道撮影

押し寄せる土砂にのまれた自動販売機(3日午後3時10分頃、熱海市伊豆山で)=栗山泰輔撮影

土砂にのまれた路線バス(3日午後3時11分、静岡県熱海市伊豆山で)=栗山泰輔撮影

土石流が発生した現場の家屋から救出される子どもら(3日午後3時57分、静岡県熱海市で)=飯島啓太撮影

土砂に埋まった現場から救助される女性(3日午後3時59分、静岡県熱海市で)=関口寛人撮影

窓を開けて救助を待つ住民(3日午後4時2分、熱海市伊豆山で)=栗山泰輔撮影

土石流に襲われ、倒壊した家屋(3日午後4時4分、静岡県熱海市で)=飯島啓太撮影

土石流が発生した現場(3日午後4時6分、静岡県熱海市で)=飯島啓太撮影

土石流で流され、散乱したガードレールや電柱(3日午後4時7分、静岡県熱海市で)=飯島啓太撮影

土石流に襲われた建物をぼう然と見つめる人(3日午後5時31分、静岡県熱海市で)=関口寛人撮影

大規模な土砂崩れにより、土砂にのみ込まれた現場(3日午後5時33分、静岡県熱海市で、読売ヘリから)=川口正峰撮影

大規模な土石流が発生した現場(3日午後5時33分、静岡県熱海市で)=関口寛人撮影

警察犬を使って続けられる捜索活動(4日午前8時49分、静岡県熱海市で)=近藤誠撮影

行方不明者や要救助者の捜索活動を行う警察官たち(4日午前9時2分、静岡県熱海市で)=近藤誠撮影

階段を付き添われながら避難する住民ら(4日午前9時50分、静岡県熱海市で)=飯島啓太撮影

小雨の中で警察官らによる捜索活動が続いた(4日午後0時53分、静岡県熱海市で)=関口寛人撮影

土石流に襲われた現場で行われた行方不明者の捜索(4日午後1時55分、静岡県熱海市で)=飯島啓太撮影

捜索活動にあたる警察官や自衛隊員ら(4日午後3時4分、静岡県熱海市で)=近藤誠撮影

土石流に襲われた地区で行方不明者の捜索を行う警察官や自衛隊員ら(5日午前7時56分、静岡県熱海市で)=関口寛人撮影

行方不明者の捜索を行う中、足元にはいまだ勢いの衰えない濁流が打ち付けていた(5日午前8時17分、静岡県熱海市で)=関口寛人撮影

行方が分かっていない家族の捜索を見つめる男性(5日午前8時34分、静岡県熱海市で)=関口寛人撮影

現場を見つめる警察官のマスクは泥だらけだった(5日午前8時39分、静岡県熱海市で)=近藤誠撮影

大量の土砂に埋まった現場で、重機などを使って続けられる行方不明者の捜索活動(5日午前9時7分)=稲垣政則撮影

土石流に襲われた現場で、一列に並び一歩一歩進みながら、行方不明者の捜索をする(5日午前9時12分、静岡県熱海市で)=稲垣政則撮影

土石流の被害を受けた伊豆山地区(5日午前11時49分、静岡県熱海市で、読売ヘリから)=米山要撮影

土砂で寸断されている国道135号線で行方不明者の捜索を行う警察官や自衛隊員ら(5日午後0時22分、静岡県熱海市で)=三浦正基撮影

人力で土石をかき分け捜索する警察官(5日午後1時47分、静岡県熱海市で)=近藤誠撮影

土石流に襲われた建物内で行方不明者の捜索を行う自衛隊員たち(5日午後2時55分、静岡県熱海市で)=関口寛人撮影

海岸近くを走る新幹線の線路脇まで押し寄せた土石流。周辺では捜索活動が行われた(5日午後4時30分、静岡県熱海市で、読売ヘリから)=米山要撮影

行方不明者の捜索活動を行う警察官と消防隊員ら(6日午前7時50分、静岡県熱海市で)=稲垣政則撮影

土石流災害の現場で続く捜索活動(6日午前10時8分、静岡県熱海市で、読売ヘリから)=田村充撮影

【撮影】読売新聞写真部、地方部
2021年7月3日公開
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます