2021世界フィギュアスケート選手権

公式練習

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

フィギュアスケートの世界選手権は24日、ストックホルムで開幕し、日本からは羽生結弦、紀平梨花らが出場する。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止され、2年ぶりの開催。今季も多くの国際大会が中止されており、日本勢にとってはシーズン最初で最後の海外での大舞台となる。3月22日の公式練習では、各選手が氷の感触を確かめた。写真は若杉和希撮影

紀平梨花

紀平梨花

紀平梨花

坂本花織

アレクサンドラ・トルソワ

アレクサンドラ・トルソワ

アレクサンドラ・トルソワ

アンナ・シェルバコワ

アンナ・シェルバコワ

アンナ・シェルバコワ

エリザベータ・トゥクタミシェワ

エリザベータ・トゥクタミシェワ

羽生結弦

羽生結弦

羽生結弦

羽生結弦

羽生結弦

羽生結弦

羽生結弦(右)とブライアン・オーサーコーチ

宇野昌磨

宇野昌磨

宇野昌磨

鍵山優真

鍵山優真

鍵山優真

ネーサン・チェン

ネーサン・チェン

ネーサン・チェン

取材余話

新型コロナ対策は選手だけでなく報道関係者など大会に関わる すべての関係者に対して厳重に行われている。本番のスケート リンクがある会場には新型コロナウイルスの抗原検査所が併設 された。取材証を受け取るためには、PCR検査の陰性証明と 共に、抗原検査の陰性証明も求める徹底ぶりだ(21日、スト ックホルムで)

フィギュアスケートの世界選手権開幕を直前に控え選手たちの公式練習が行われる会場では、観客席を入念に消毒するスタッフの姿が見られた(22日、ストックホルムで)

公式練習は選手の交差を避けるためか、会場の入口と出口を指 定して一方通行の導線で行われた。選手たちはリンクサイドに 用意された専用の白いケースに、スケート靴のブレードを保護 するエッジカバーやマスクなどを入れて(写真手前は鍵山優 真)リンクに上がると、スタッフが出口付近にケースを移動。 練習を終えた選手たちが自分の荷物を引き取って退場する仕組 みだ。白いケースはスタッフが入念に消毒していた(22日、 ストックホルムで)

羽生結弦

【撮影】読売新聞写真部・若杉和希【作成】読売新聞配信部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます