ラグビーW杯 準決勝

イングランド、NZ下す

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

 ラグビーワールドカップ日本大会は10月26日、イングランド対ニュージーランドの準決勝が行われ、イングランドが、大会3連覇を狙ったニュージーランドを19―7で破り、2度目の優勝に王手をかけた。通算対戦成績はイングランドの8勝1分け33敗で、ワールドカップでは4度目の対戦で初勝利。

試合開始を待つファン=冨田大介撮影

=冨田大介撮影

=冨田大介撮影

試合前のニュージーランドのハカ=杉本昌大撮影

前半、ツイランギ(左から3人目)のトライでイングランドが先制=杉本昌大撮影

ファレルがゴールキックを決める=伊藤紘二撮影

タックルで止められるニュージーランドのレタリック(中央)=杉本昌大撮影

ボールを抱え突破を狙うイングランドのM・ブニポラ(中央)=杉本昌大撮影

タックルを受けながら突進するリード(中央)=川崎公太撮影

フォードがペナルティーゴールを決める=杉本昌大撮影

後半、突破を試みるB・バレット(中)=伊藤紘二撮影

フォードがペナルティーゴールを決める=伊藤紘二撮影

ラインアウトのボールをキャッチするイングランド=伊藤紘二撮影

サベアがトライを決める=伊藤紘二撮影

ボールを追う両チーム=杉本昌大撮影

モールで押すイングランド=冨田大介撮影

ノーサイド=杉本昌大撮影

健闘をたたえ合う両チーム=杉本昌大撮影

ニュージーランドに勝利し笑顔のイングランド=伊藤紘二撮影

喜ぶイングランドファン=杉本昌大撮影

  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます