ラグビーW杯 準決勝

南ア、3大会ぶり決勝へ

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

 ラグビーワールドカップ日本大会は27日、準決勝が行われ、過去2度優勝の南アフリカが、初の決勝進出を目指すウェールズに19―16で競り勝ち、優勝した2007年大会以来、3大会ぶりに決勝へ進んだ。11月2日の決勝でイングランドと対戦する。

試合開始を待つファンたち=冨田大介撮影

=冨田大介撮影

=川崎公太撮影

=川崎公太撮影

会場に展示されたエリスカップ(優勝杯)=杉本昌大撮影

前半、激しく攻め合う両チーム=冨田大介撮影

パスをつなげるウェールズ=伊藤紘二撮影

激しく攻め合う両チーム=冨田大介撮影

ポラードがペナルティーゴールを決める=冨田大介撮影

ボールを取り合う両チーム=冨田大介撮影

ビガーがペナルティーゴールを決める=川崎公太撮影

ボールを取り合うデクラーク(中)ら=冨田大介撮影

ノースを後ろから捕まえるヌコシ=杉本昌大撮影

スクラムを組む両チーム=杉本昌大撮影

ボールを取り合う両チーム=伊藤紘二撮影

息が詰まるような攻防=杉本昌大撮影

後半、ペナルティーゴールを決めるビガー=冨田大介撮影

ウェールズの選手に詰め寄る南アフリカのデクラーク(右)=川崎公太撮影

タックルを振り切るP・デュトイ=川崎公太撮影

デアリエンディがトライを決める=川崎公太撮影

アダムズがトライを決める=冨田大介撮影

終了間際、ウェールズの反則で勝利を確信し、喜ぶ南アフリカ=川崎公太撮影

頭を抱えるウェールズ選手たち=川崎公太撮影

南アフリカに敗れ、肩を落とすウェールズの選手たち=冨田大介撮影

笑顔を見せる南アフリカのデクラーク(中央左)=冨田大介撮影

  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます