オウム真理教事件

松本死刑囚らに刑執行

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

1989年 坂本弁護士一家殺害事件

教団に殺害された坂本堤弁護士(左)、長男の龍彦ちゃん、妻の都子さん

坂本堤弁護士一家が失踪した事件で、情報提供を呼び掛ける看板(1995年9月7日撮影)

オウム真理教は、政治団体を結成するなど、動きを強めていた

オウム真理教の政治団体・真理党の結成式。1990年の衆院選に松本死刑囚や教団幹部ら25人が立候補し、全員が落選した(1990年1月撮影)

「空中浮遊」する松本死刑囚(オウム真理教入信案内パンフレットより)

1994年 松本サリン事件
8人死亡、600人以上重軽傷

1994年6月28日の夕刊で報じられた松本サリン事件

山梨県上九一色村(当時)で
サリン残留物を検出

サリン残留物が山梨県上九一色村(当時)で検出されたことを伝える読売新聞(1995年元日付)

1995年3月 地下鉄サリン事件
死者13人、負傷者6000人以上

3月20日の夕刊で伝えられた地下鉄サリン事件

救急隊員の手当てを受ける被害者。日比谷線神谷町駅で(1995年3月20日)

地下鉄サリン事件の発生直後、路上に横たわる被害者を手当てする救急隊員(1995年3月20日撮影、読売ヘリから)

築地駅前の路上に座ったり、横たわったりする被害者(1995年3月20日撮影)

遺留物の採取に向かう東京消防庁の隊員。小伝馬町駅で(1995年3月20日撮影)

1995年春 山梨県上九一色村(当時)
教団施設を捜索

警視庁が山梨県上九一色村(当時)の教団施設を捜索(1995年3月22日、本社ヘリから)

毒ガス検知に使うためのカナリアの鳥かごを持って山梨県上九一色村(当時)の教団施設に入る警視庁の機動隊(1995年3月22日撮影)

オウム真理教の施設、「第7サティアン」と呼ばれる施設から押収品を運び出す捜査員(1995年4月16日撮影)

1995年5月 麻原彰晃(本名・松本智津夫)容疑者ら幹部を一斉逮捕

「第6サティアン」と呼ばれる施設のドアをエンジンカッターで破り入ろうとする捜査員(1995年5月16日撮影)

麻原彰晃(本名・松本智津夫)容疑者が乗る護送車(1995年5月16日撮影)

麻原彰晃(本名・松本智津夫)容疑者逮捕の号外が配られた(1995年5月16日撮影)

警視庁を出る麻原彰晃(本名・松本智津夫)被告(1995年6月16日撮影)

警視庁に戻る麻原彰晃(本名・松本智津夫)被告(東京地裁の前で、1995年9月25日撮影)

2004年2月、東京地裁で死刑判決

2018年3月20日、霞ヶ関駅の助役だった夫を亡くした高橋シズヱさんが、同駅で献花台に花束を手向けた

【撮影】読売新聞写真部 【制作】読売新聞メディア局
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.