平野歩夢 金メダルまでの軌跡

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

 北京オリンピックのスノーボードは11日、男子ハーフパイプ決勝が行われ、2大会連続銀メダルの平野歩夢(23)(TOKIOインカラミ)は3回目で96・00点と得点を伸ばし逆転で金メダルを獲得した。ソチ、平昌、東京、北京の4大会を写真で追う。

ソチ五輪

ソチ五輪・スノーボード男子ハープパイプ決勝の平野歩夢(2014年2月11日)

決勝の平野歩夢のエア(画像を合成)(2014年2月11日)

スノーボード男子ハープパイプのセレモニーで花束を手にする2位の平野歩夢(左)。中央は優勝したユーリ・ポドラドチコフ(スイス)、右は3位の平岡卓(2014年2月11日)

メダル授与式で銀メダルを手にする平野歩夢(右)。中央は優勝したスイスのユーリ・ポドラドチコフ、左は2位の平岡卓(2014年2月12日)

平昌五輪

平昌五輪・スノーボードハーフパイプ男子予選の平野歩夢(2018年2月13日)

スノーボードハーフパイプ男子決勝のエアを決める平野歩夢(2018年2月14日)

スノーボード男子ハーフパイプ決勝の平野歩夢(画像を合成)(2018年2月14日)

スノーボード男子ハーフパイプ決勝でショーン・ホワイトの演技の後、肩を落とす平野歩夢(2018年2月14日)

2大会連続となる銀メダルを獲得し、金メダルのショーン・ホワイト選手(右)と話す平野歩夢(2018年2月14日)

2大会連続の2位となった平野歩夢。中央は優勝したのショーン・ホワイト、右は3位のスコット・ジェームズ

2大会連続となる銀メダルを獲得した平野歩夢

東京五輪

東京五輪でスケートボード男子パーク予選に臨む平野歩夢(2021年8月5日)

予選で演技する平野歩夢(2021年8月5日)

予選敗退となった(2021年8月5日)

北京五輪

北京五輪・スノーボード男子ハーフパイプ決勝・平野歩夢の1回目(2022年2月11日)

平野歩夢の2回目

平野歩夢の3回目

男子ハーフパイプで優勝し、セレモニーで日の丸を背にする平野歩夢

スノーボード男子ハーフパイプの表彰式で、金メダルを見つめる平野歩夢(2022年2月11日)

金メダルを手にする平野歩夢

【撮影】読売新聞写真部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます