北京五輪2月10日

フィギュア男子フリー

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

北京オリンピックのフィギュアスケート男子は10日、フリーが行われ、世界選手権3連覇中でショートプログラム(SP)首位のネーサン・チェン(22)(米国)が218・63点を獲得、SP113・97点と合わせ、332・60点で金メダルを獲得した。鍵山優真(18)(オリエンタルバイオ)が201・93点を獲得、SPの108・12点と合わせ計310・05点で銀メダル。平昌大会「銀」でSP3位の宇野昌磨(24)(トヨタ自動車)は187・10点を獲得、SPの105・90点と合わせ計293・00点で銅メダルとなった。

フリーに向け、調整する羽生結弦

男子フリーに向け、調整する宇野昌磨

鍵山優真

フリーに臨む羽生結弦

フリーの演技をする羽生結弦

4回転半ジャンプで着氷に失敗した

フリーの演技をする宇野昌磨

フリーの演技をする鍵山優真

ネーサン・チェン(米国)

優勝した米国のネーサン・チェン(中央)、2位の鍵山優真(左)、3位の宇野昌磨

観客席に手を振る宇野昌磨(左)と鍵山優真。右は金メダルのネーサン・チェン

日の丸を手に笑顔を見せる宇野昌磨(左)と鍵山優真

銅メダルを獲得した宇野昌磨

銀メダルを胸に笑顔を見せる鍵山優真

表彰式でメダルを手にする(左から)2位の鍵山優真、1位のネーサン・チェン、3位の宇野昌磨

【撮影】読売新聞写真部・竹田津敦史、伊藤紘二、若杉和希、横山就平
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます