千葉県などで記録的大雨

冠水したコンビニエンスストアの駐車場の片づけをする人たち(26日午前、千葉県大網白里市で)=三浦邦彦撮影 
読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

日本列島の南岸を低気圧が北東に進んだ影響で、台風19号で大きな被害を受けた東日本の被災地は25日、激しい雨に見舞われた。一夜明けた26日、冠水や土砂崩れが相次いだ千葉県などで次々と被害が明らかになった。

大雨の影響で冠水した道路(25日午後7時25分、千葉県市原市で)=三浦邦彦撮影

大雨で土砂崩れが起こり、道路に倒れた住宅(25日午後8時53分、千葉市緑区で)=三浦邦彦撮影

大雨で土砂崩れが起き、住宅が倒壊した現場(26日午前7時48分、千葉市緑区で、読売ヘリから)=青山謙太郎撮影

大雨で冠水した千葉県佐倉市。縦に走る道路が途中から水没している(26日午前7時34分、読売ヘリから)=青山謙太郎撮影

民家に土砂が流れ込んだ現場(26日午前8時24分、福島県いわき市で)=東直哉撮影

冠水したコンビニエンスストアの駐車場の片づけをする人(26日午前8時36分、千葉県大網白里市で)=三浦邦彦撮影

浸水した住宅の泥を洗い流す人たち(26日午前9時36分、千葉県茂原市で)=三浦邦彦撮影

再び冠水した宮城県丸森町内(26日午前10時1分)=武藤要撮影

泥水が入り込み、商品が散乱する店舗(26日午後1時52分、千葉県茂原市で)=稲垣政則撮影

大雨によって浸水した地区の水が引き、台風19号で被災した家屋の片付けをするボランティア(26日午後2時9分、宮城県丸森町で)=武藤要撮影

千葉県佐倉市では、午後になっても水が引かず、車両が水没したままだった(26日午後3時9分、読売ヘリから)=青山謙太郎撮影

八街駅―日向駅間で陥没したJR総武線の線路(26日午後3時22分、読売ヘリから)=青山謙太郎撮影

【撮影】読売新聞東京本社写真部、地方部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.