新型コロナウイルス

ゴールデンウィーク 人出大きく減少

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言が東京都など7都府県に発令されて、7日で1か月となる。KDDIの集計によると、5連休の中日となった4日の人出は、前年の大型連休に比べて伊勢神宮周辺(三重県)で95・1%減を記録するなど、各地で大きく減った。

ステイホーム週間の2日目の4月26日には多くの人たちでにぎわった多摩川河川敷のゴルフ練習場(写真・左)だが、5月2日から臨時休業となった(写真・右、5月3日午後0時49分)(川崎市中原区で)=三浦邦彦撮影

花見のシーズンには大勢の観光客らでにぎわう五稜郭公園も、今年は郭内が閉鎖され、人の姿はとても少ない(5月1日午前、北海道函館市で)=原中直樹撮影

普段の大型連休より人の少ない小町通りで、新型コロナウイルスの感染予防を訴える警備員(5月2日午後3時59分、神奈川県鎌倉市で)=三浦邦彦撮影

普段の大型連休より人の少ない鶴岡八幡宮前(5月2日午後4時15分、神奈川県鎌倉市で)=三浦邦彦撮影

ゴールデンウィークに合わせて、遊具の利用が中止となった西六郷公園(5月3日午後1時41分、東京都大田区で)=三浦邦彦撮影

入り口が封鎖された海岸(5月3日午前11時13分、横浜市金沢区の海の公園で)=沼田光太郎撮影

例年は潮干狩り客でにぎわう「海の公園」。この日は、ほとんど人けがなかった(5月3日午後0時43分、横浜市で、読売ヘリから)=西孝高撮影

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ビニールシートで包まれ、利用できなくなっている「駒沢オリンピック公園」の遊具(5月3日午後2時34分、東京都世田谷区で)=若杉和希撮影

多くのヨットなどが係留されているマリーナ(5月3日午後0時54分、横浜市で、読売ヘリから)=西孝高撮影

人も車も少なく静まりかえる表参道(5月4日午後0時39分、東京都渋谷区で)=菅野靖撮影

「Stay Home」ののぼりがはためく巣鴨駅前(5月5日午後3時8分、東京都豊島区で)=三浦邦彦撮影

駐車場に空きが目立つ東名高速道路・海老名サービスエリア(5月5日午後0時9分、神奈川県海老名市で、読売ヘリから)=上甲鉄撮影

交通量は少なく順調に流れている東京湾アクアライン(画面上は「海ほたるパーキングエリア」)(5月5日午前11時44分、千葉県木更津市で、読売ヘリから)=上甲鉄撮影

【撮影】読売新聞写真部【制作】読売新聞配信部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます