CSファイナルで阪神に勝利

巨人が日本シリーズに進出

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)は13日、ファイナルステージ第4戦が行われ、巨人が通算4勝1敗(アドバンテージの1勝含む)として日本シリーズ進出を決めた。ファイナルステージの4試合を写真で振り返る。

10月9日、CSファイナルステージ対阪神戦の初戦で先発した山口。8回途中まで1失点の快投を演じた(東京ドームで)=吉野拓也撮影

1回2死、先制本塁打を放った丸=奥西義和撮影

丸(右端)を丸ポーズで出迎える原監督(左から2人目)ら=奥西義和撮影

1回2死、丸に続き岡本が2者連続のソロ本塁打を放つ=奥西義和撮影

本塁打を放ち、ベンチ前で笑顔を見せる岡本=稲垣政則撮影

2回2死1、2塁、亀井が適時2塁打を放つ=奥西義和撮影

2回2死2、3塁、坂本勇が2点適時打を放つ=奥西義和撮影

8回の途中から2番手で登板した中川=稲垣政則撮影

9回2死満塁で登板し、ピンチをしのいだ田口=稲垣政則撮影

試合終了。初戦を勝利し、ハイタッチする選手ら=稲垣政則撮影

10月10日、CSファイナルステージ第2戦 4回無死2塁、2ランを放ちベンチ前で笑顔を見せるゲレーロ=稲垣政則撮影

5回1死、亀井が2塁打を放つ。この日3安打目=稲垣政則撮影

5回1死2、3塁、丸が犠飛を放つ=吉野拓也撮影

5回2死2塁、岡本が適時打を放つ=稲垣政則撮影

岡本の安打で本塁へ向かう2塁走者の坂本勇=吉野拓也撮影

先発のメルセデスは7回を無失点の好投=吉野拓也撮影

8回1死、代打・阿部が安打を放つ=吉野拓也撮影

阪神に連勝し日本シリーズ出場に王手をかけ喜ぶ坂本勇(中央)ら巨人ナイン=奥西義和撮影

10月11日、第3戦 阪神に1点を先制された後、3回1死満塁、岡本が逆転の2点適時2塁打を放つ=稲垣政則撮影

逆転の適時打を放った岡本=稲垣政則撮影

続く阿部が、1死2、3塁で適時打を放ち、手をたたいて喜ぶ=稲垣政則撮影

4回1死、ソロ本塁打を放ち、バットを放り投げる陽=稲垣政則撮影

本塁打を放った陽を迎える巨人ベンチ=吉野拓也撮影

5回無死1塁、岡本が2ランを放ち6対6の同点=菅野靖撮影

同点2ランを放った岡本㉕をスタンドから祝福するファン=吉野拓也撮影

6対6の同点で迎えた9回、中川が大山(右)にソロ本塁打を打たれる。勝ち越しの本塁打となり6対7で阪神に敗れる=菅野靖撮影

10月13日、第4戦 巨人は高橋が先発 

2回1死3塁、糸原(左)に先制の犠飛を許し、打球の方向を見る高橋=奥西義和撮影

5回無死、岡本が同点ソロを放つ=奥西義和撮影

5回無死、同点ソロを放った岡本(右)を迎える原監督=吉野拓也撮影

6回2死3塁、丸が初球をスクイズ=奥西義和撮影

吉野拓也撮影

1塁へ走る丸。右は3塁走者・山本=稲垣政則撮影

勝ち越しのスクイズを決めた丸。手前は座り込む阪神の西=吉野拓也撮影

7回1死1塁、ゲレーロが2ランを放つ=奥西義和撮影

2ランを放ったゲレーロを笑顔で迎える原監督(右端)ら=吉野拓也撮影

試合終了、日本シリーズ進出を決め、マウンドに集まる巨人ナイン=吉野拓也撮影

胴上げされる原監督=沼田光太郎撮影

スタンドのファンにあいさつする坂本ら巨人の選手たち=奥西義和撮影

【撮影】読売新聞写真部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます