第96回箱根駅伝 

復路ハイライト

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走は3日、復路が行われ、往路優勝の青学大が、復路は1度も先頭を譲らない安定した走りを見せ、10時間45分23秒の大会新記録で、2年ぶり5度目の総合優勝を果たした。


 

 

復路のスタートをする青学大の谷野(3日)=大原一郎撮影

6区のスタートを切る東海大の館沢(3日)=若杉和希撮影 

復路の繰り上げスタートをする9校の選手たち(3日)=若杉和希撮影

白い息を吐きながら6区を走る青学大の谷野(3日)=大原一郎撮影

1位を守り、青学大7区の中村(右)にタスキをつなぐ6区の谷野(3日)=菅野靖撮影

これまでの記録を40秒縮める、57分17秒の区間新記録を作り、7区の松崎(右)にタスキをつなぐ東海大6区の館沢(3日)=菅野靖撮影

小田原中継所で明大6区の前田(左)からタスキを受け7区の区間新記録を出す走りを見せた阿部(3日)=菅野靖撮影

7区を走る青学大の中村(3日)=大原一郎撮影

青学大7区の中村(右)からタスキを受ける8区の岩見(3日)=代表撮影

富士山を背に8区を力走する青学大の岩見(3日)=大原一郎撮影

東海大7区の松崎(左)からヤスキを受ける8区の小松(3日)=代表撮影

富士山を背に8区を走る東海大の小松(3日)=若杉和希撮影

富士山を背に8区で競り合う関東学生連合の吉井(左)と日体大の嶋野(3日)=若杉和希撮影

9区を力走する青学大の神林(3日)=大原一郎撮影

鶴見中継所で青学大9区の神林(左)からタスキを受けるアンカーの湯原(3日)=大原一郎撮影

10区を力走する青学大アンカーの湯原(3日)=大原一郎撮影 

ゴール前でアンカー湯原の到着を待つ、青学大の原監督(右から2人目)と選手たち(3日)=守谷遼平撮影

2年ぶりの総合優勝を決め、ゴールテープを切る青学大のアンカー湯原(3日)=上田尚紀撮影

2年ぶりの総合優勝を決め、笑顔でゴールする青学大アンカーの湯原(3日)=菅野靖撮影

2年ぶりの総合優勝を決め、笑顔でゴールする青学大アンカーの湯原(3日)=若杉和希撮影

総合優勝し、胴上げされる青学大アンカーの湯原(3日)=守谷遼平撮影

箱根駅伝で総合優勝し、胴上げされる青学大の原晋監督(3日)=守谷遼平撮影

最後の競り合いを制して3位でゴールする国学院大アンカーの殿地(手前)(3日)=西孝高撮影

総合9位でゴールする創価大の嶋津(3日)=稲垣政則撮影

総合10位でシード権を獲得した東洋大の及川(3日)=小林武仁撮影

【撮影】読売新聞写真部【制作】読売新聞配信部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます