読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は3日、復路が行われ、駒大が10時間56分5秒で13年ぶり7度目の総合優勝を飾った。
 往路3位だった駒大は、往路優勝の創価大を10区の残り2キロ余りで逆転した。
(2021年1月3日公開)

6区をスタートする創価大の浜野

6区をスタートする東洋大の九嶋

6区をスタートする駒大の花崎

6区をスタートする帝京大の三原

6区を走る創価大の浜野

6区、坂道を駆け抜ける創価大の浜野

小田原中継所でタスキをつなぐ、創価大6区の浜野(右)と7区の原富

タスキをつなぐ、駒大6区の花崎(左)と7区の花尾(小田原中継所で)

タスキをつなぐ、東海大6区の川上(左)と7区の本間(小田原中継所で)

タスキをつなぐ、東洋大6区の九嶋(左)と7区の西山(小田原中継所で)

7区、独走する創価大の原富

トップでタスキをつなぐ、創価大7区の原富(右)と8区の永井(平塚中継所で)

8区、独走する創価大の永井

8区を走る駒大の佃

8区を走る東海大の浜地

8区を走る青学大の岩見

創価大の9区の石津(左)にトップでタスキをつなぎ喜ぶ8区の永井

9区、力走する創価大の石津

9区で力走する創価大の石津

タスキをつなぐ創価大9区の石津(右)と10区の小野寺

9区の山野(左)が10区の石川にタスキを渡す

10区を走る創価大の小野寺

10区、創価大の小野寺(左)に追いつく駒大の石川

10区、創価大の小野寺(左)を抜いた駒大の石川

総合優勝を決め、ゴールテープを切る駒大の石川

総合優勝を決め、ゴールテープを切る駒大の石川

【撮影】読売新聞写真部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます