高校総体2018

8月1日ハイライト

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

8月1日、三重県伊勢市で総合開会式が行われ、選手宣誓や工夫を凝らした地元高校生の歓迎イベントが行われた。ハンドボールの男子決勝では、氷見(富山)が藤代紫水(茨城)を36―28で下し、16年ぶり2度目の優勝を飾った。女子決勝は佼成学園女(東京)が浦添商(沖縄)に競り勝った。ソフトテニス女子個人(ダブルス)決勝は、文化学園大杉並(東京)の小林愛美、原島百合香(ともに3年)組が優勝。文化学園大杉並のペアとしては、3年連続で個人を制した。

開会式で選手宣誓する谷川龍人さん(左)と三林愛理さん=橘薫撮影

谷川龍人さんと三林愛理さんによる選手宣誓が行われた開会式=松本拓也撮影

開会式で躍動的なダンスパフォーマンスを見せる高校生ら=松本拓也撮影

開会式で躍動的なダンスパフォーマンスを見せる高校生ら=松本拓也撮影

開会式で躍動的なダンスパフォーマンスを見せる高校生ら=松本拓也撮影

開会式を盛り上げた高校生らの演技=松本拓也撮影

開会式で躍動的なダンスパフォーマンスを見せる高校生ら=松本拓也撮影

ソフトテニス女子個人、6回戦で力強いショットを見せる和歌山信愛の松井玲奈(左)と川崎海奈=中島一尊撮影

ソフトテニス女子個人準決勝、息の合ったプレーを見せる三重の浪岡菜々美(右)と田川美怜=中島一尊撮影

ソフトテニス女子個人準決勝、果敢なネットプレーを見せる文化学園大杉並の江頭明凛(右)と佐古香織=中島一尊撮影

ソフトテニス女子個人決勝、果敢なネットプレーを見せる山陽女の立花さくら(右)と長谷川憂華=中島一尊撮影

ソフトテニス女子個人決勝、積極的なネットプレーを見せる文化学園大杉並の原島百合香(右)、左は小林愛美=中島一尊撮影

ソフトテニス女子個人決勝、ポイントを奪い喜ぶ文化学園大杉並の原島百合香(右)と小林愛美=中島一尊撮影

男子ハンドボール決勝 シュートを放つ、藤代紫水の榎本悠雅=原田拓未撮影

男子ハンドボール決勝 シュートを放つ氷見の窪田礼央=原田拓未撮影

ハンドボール男子決勝 シュートを放つ氷見の窪田礼央=原田拓未撮影

ハンドボール男子決勝 シュートを放つ氷見の清水裕翔=原田拓未撮影

ハンドボール男子 準優勝のメダルを授与される藤代紫水の選手= 原田拓未撮影

ハンドボール男子 優勝を決め、観客席の前で喜ぶ氷見の選手=原田拓未撮影

ハンドボール女子決勝 シュートを放つ、佼成学園女の瀧川璃紗=原田拓未撮影

ハンドボール女子決勝 優勝し笑顔で観客席に駆け寄る佼成学園女の選手=原田拓未撮影

ホッケー男子決勝、果敢に攻め込む岐阜総合学園の山村晃生=大石健登撮影

ホッケー男子決勝、果敢に攻め込む今市の松本和将=大石健登撮影

ホッケー男子、準優勝となりスタンドへあいさつに向かう岐阜総合学園の選手=大石健登撮影

ホッケー男子、優勝を決め喜ぶ今市の選手=大石健登撮影

ホッケー女子決勝、ボールを奪う岐阜各務野の森遼名=大石健登撮影

ホッケー女子決勝、先制ゴールを決め仲間から祝福される石動の多田みなみ⑩=大石健登撮影

ホッケー女子決勝、追加点を決める石動の宮田夏帆(右)=大石健登撮影

ホッケー女子、準優勝となり応援団にあいさつする岐阜各務野の選手=大石健登撮影

ホッケー女子、優勝を決め応援団にあいさつに向かう石動の選手=大石健登撮影

【撮影】読売新聞社写真部【制作】読売新聞メディア局編集部
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます