高校総体2018 

8月7日ハイライト

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

レスリング男子60キロ級は、森川海舟(東京・自由ヶ丘学園3年)が制した。バスケットボール男子決勝は、開志国際(新潟)が中部大第一(愛知)を66―55で破り、初優勝。卓球は男女の団体決勝が行われ、男子は愛工大名電(愛知)が3年連続17度目、女子は四天王寺(大阪)が6年連続23度目の優勝を果たした。

バスケットボール男子決勝、ゴール前に攻め込む開志国際の小栗瑛哉=米山要撮影

バスケットボール男子決勝、ボールをキープする中部大第一の青木遥平=米山要撮影

バスケットボール男子決勝、中部大第一の矢沢樹がシュートを決める=米山要撮影

バスケットボール男子決勝で優勝し喜ぶ開志国際の選手ら=米山要撮影

バスケットボール女子決勝、シュートを放つ岐阜女の池田沙紀=米山要撮影

バスケットボール女子決勝、攻め込む桜花学園の坂本雅 =米山要撮影

バスケットボール女子決勝で優勝を決め喜ぶ桜花学園の選手ら=米山要撮影

卓球女子団体決勝、力強いプレーを見せる遊学館の出雲美空(左)と相馬夢乃=大石健登撮影

卓球女子団体決勝、得点が入り喜ぶ遊学館の選手たち=大石健登撮影

卓球女子団体決勝、得点し気合の入る四天王寺の宮崎翔 =大石健登撮影

卓球女子団体決勝、力強いプレーを見せる四天王寺の宮崎翔(右)と高橋あかり=大石健登撮影

卓球女子団体で優勝して喜ぶ四天王寺の選手たち=大石健登撮影

卓球男子団体決勝で力強いプレーを見せる鶴岡東の中橋敬人(左)と星翔太=大石健登撮影

レスリング男子51キロ級で優勝した自由ヶ丘学園の塩谷優(上)=守谷遼平撮影

レスリング男子55キロ級で優勝した高知南の清岡幸大郎(右)=守谷遼平撮影

レスリング男子60キロ級で優勝した自由ヶ丘学園の森川海舟=守谷遼平撮影

レスリング男子65キロ級で優勝した帝京の榊流斗(奥)=守谷遼平撮影

レスリング男子71キロ級で優勝した帝京の佐藤匡記(左)=守谷遼平撮影

レスリング男子80キロ級で優勝した網野の高橋夢大(右)=守谷遼平撮影

レスリング男子92キロ級で優勝した土浦日大の山崎祥平(右)と準優勝の日体大柏の白井達也=守谷遼平撮影

レスリング男子125キロ級で優勝した日体大柏の宮本海渡(左)=守谷遼平撮影

ボクシングピン級で優勝した鹿屋工の荒竹一真=橘薫撮影

ボクシングライトフライ級決勝 武相の藤田時輝(左)を破って優勝した作新学院の堀川龍=橘薫撮影

ボクシングライトウェルター級決勝 作新学院の森本浩(右)を破って優勝した芦屋学園の由良謙神=橘薫撮影

ボクシングバンタム級で優勝した伊勢崎工の吉田黎斗=橘薫撮影

ボクシング競技ライト級決勝 花咲徳栄の石井渡士也(右)を判定で破り、優勝した習志野の堤麗斗=橘薫撮影

ボクシングミドル級で優勝した駿台学園の須永大護=橘薫撮影

ボクシングフライ級で優勝した崇徳の梶原嵐=橘薫撮影

ボクシングウエルター級、決勝戦が不戦勝となり優勝した興国の宇佐美正パトリック

バドミントン女子ダブルスで力強いプレーを見せる英明の新井田楓(左)と韮沢美羽=金城文撮影

バドミントン女子ダブルスで懸命のプレーを見せる城東の高橋奈那(左)と友成花音 =金城文撮影

バドミントン女子ダブルスで息のあった動きを見せる米子北の前田瞳(左)と浜尾真衣

バドミントン男子ダブルスで息のあったプレーを見せた大垣工の前田尚斗(手前)と尚也

バドミントン男子ダブルスで、接戦を繰り広げる柳井商工の栗木(手前)と福間

【撮影】読売新聞社写真部【制作】読売新聞メディア局
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます