高校総体2019

7月28日ハイライト

 
読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

高校総体7月28日 フェンシングは男女フルーレの決勝が行われ、男子は飯村一輝(龍谷大平安)、女子は竹山柚葉(乙訓)の、いずれも京都勢の1年生が制した。バレーボール女子の決勝は、就実(岡山)が共栄学園(東京)を破り、24年ぶり3度目の優勝。

相撲の団体決勝は文徳(熊本)が鳥取城北(鳥取)に勝ち、21年ぶり2度目の頂点に立った。ソフトテニスの男子団体決勝は、尽誠学園(香川)が木更津総合(千葉)に競り勝ち、10年ぶり3度目の優勝を果たした。

バレーボール女子・準決勝、相手スパイクをブロックする京都橘の坂本侑選手(12)と真鍋七菜穂選手(7)

バレーボール女子・準決勝、スパイクを放つ下北沢成徳の宮地佳乃選手(4)(右)

バレーボール女子・決勝、レシーブする共栄学園の堤亜里菜選手(10)

バレーボール女子・決勝、優勝し笑顔で記念撮影する就実の選手たち

男子フルーレ決勝、優勝した龍谷大平安の飯村一輝(左)

男子フルーレ決勝、優勝した龍谷大平安の飯村一輝

男子フルーレ決勝、優勝した龍谷大平安の飯村一輝

男子フルーレで優勝した龍谷大平安の飯村一輝

男子フルーレ決勝、準優勝した大垣南の勅使河原明日架選手(右)

男子フルーレで準優勝した大垣南の勅使河原明日架選手

男子フルーレ、勝利してマスクを取り、雄たけびをあげる仙台城南の藤沢将匡選手

女子フルーレ決勝、優勝した乙訓の竹山柚葉(左)

女子フルーレ決勝、優勝した乙訓の竹山柚葉

女子フルーレで優勝した乙訓の竹山柚葉選手

女子フルーレ決勝、準優勝した和歌山北の巾下栞奈選手(右)

団体戦で優勝し喜ぶ花岡真生(右)ら文徳の選手たち

団体戦で優勝した文徳の花岡真生(右)

団体戦で優勝した文徳の草野直哉(右)

団体戦で3位になった向の岡工の選手たち

団体戦に出場した高知農の島内実選手(右)

ソフトテニス男子団体で優勝した尽誠学園の選手ら

【撮影】読売新聞社 前田尚紀、秋月正樹、横山就平、横山就平、小沢理貴
【制作】読売新聞メディア局
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます