高校総体2019

7月31日ハイライト

 
読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

全国高校総体(インターハイ=読売新聞社共催)は31日、新たに体操と重量挙げが始まり、鹿児島、熊本、宮崎、沖縄の4県で計11競技が行われた。

バスケットボール男子 攻め込む福岡第一の河村勇輝選手

攻め込む東山の米須玲音選手

攻め込む広島皆実の三谷桂司朗選手

バスケットボール女子 攻め込む精華女の樋口鈴乃選手

攻め込む札幌山の手の佐々木百萌選手

準々決勝進出を決めた鹿屋工の荒竹選手

果敢に攻める東海大熊本星翔の山本選手(左)

男子4000メートル団体追い抜きを制した岐南工

男子4000メートル団体追い抜きを制した岐南工

守備で声を出す山梨学院の中込向日葵選手

力投する清水ケ丘の東ひかる選手

決勝で力投する千葉経大付先発の大江投手

ソフトボール女子決勝戦。延長9回、須磨ノ浦の選手たちの祈りが届き、サヨナラ打で優勝が決まった

サヨナラで優勝を決め、喜ぶ須磨ノ浦の選手たち

試合終了間際、ゴールを決めて喜ぶ桐光学園の西川潤選手

激しく競り合う桐光学園の佐々木選手と京都橘の松本選手

激しく競り合う桐光学園の奈良坂選手と京都橘の梅津選手

女子74キロ級で優勝した帝京の鏡優翔選手

女子53キロ級で優勝したいなべ総合の藤波朱理選手

女子62キロ級で優勝した至学館の稲垣柚香選手

女子57キロ級で優勝を果たした吉武まひろ選手(左)

女子68キロ級で優勝した中京学院大中京の寺本鈴選手

女子50キロ級決勝で優勝した日体大柏の片岡梨乃選手

天理の選手と競り合う丹生の選手(中央)ら

ホッケー女子で優勝を決め、喜ぶ石動の選手たち

相手と競り合う石動の選手たち

平均台で華麗な演技を披露する延岡商の赤木友紀選手

予選で鉄棒の演技をする熊本学園大付の福田雄翔選手

予選のゆかで技を決める熊本学園大付の福田雄翔主将

ソフトテニス女子 優勝し喜ぶ鈴木選手と白崎選手

【撮影】読売新聞社 前田尚紀、秋月正樹、浦上太介、横山就平、落合宏美、山本光慶、後藤静華、門岡裕介、松下聖 
【制作】読売新聞メディア局
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます