高校総体2019

8月9日ハイライト

 
読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

ハンドボールは男女の決勝戦が行われ、男子は香川中央(香川)が愛知(愛知)を破り、25年ぶり2度目の優勝を果たした。女子は明光学園(福岡)が白梅学園(東京)に競り勝って初優勝。アーチェリーの男子個人は高井将平(愛知・愛産大三河1年)、女子は渡辺麻央(東京・足立新田2年)が制した。台風の影響で決勝、準決勝が中止されたソフトボール男子は大村工(長崎)、御調(広島)、読谷(沖縄)、新島学園(群馬)の4校が優勝となった。

アーチェリー女子個人で優勝した足立新田の渡辺麻央選手

優勝した足立新田の渡辺麻央選手

笑顔を見せる足立新田の渡辺選手

準優勝した丹南の西嶋選手

3位になった聖マリア女学院の武内選手

アーチェリー男子個人で優勝した愛産大三河の高井選手

優勝し笑顔の愛産大三河の高井選手

準優勝した豊岡の駒形選手

3位になった柏陵の宮下選手

ハンドボール男子の優勝を喜ぶ香川中央の選手たち

前半、香川中央の木太隆雅がシュートを決める(中央)

後半、シュートを決める香川中央の山下夏輝(手前)

準優勝した愛知の選手たち

ゴールを狙う愛知の三谷選手(中央)

ハンドボール女子 優勝を喜ぶ明光学園の選手ら

シュートを決める明光学園の中園選手(手前)

優勝し、笑顔で喜ぶ明光学園の選手たち

ゴールを守る明光学園の柿添選手

準優勝した白梅学園の選手たち

シュートを決める白梅学園の大谷選手

ゴールを狙う白梅学園の小宮山選手(左)

シュートを決め喜ぶ白梅学園の伊藤選手

空手女子個人形で技を繰り出す米子東の梅原選手

技を繰り出す米子東の梅原選手

試合に臨む松山中央の玉井選手

空手男子個人形で力のこもった演武を見せる甲南の吉元選手

甲南の吉元選手

男子組手個人で3回戦進出を果たした新井選手

柔道 相手に食らいつくつくば秀英の小林熙海選手(左)

技をかける延岡学園の中西選手

柔道男子団体の初戦で果敢に攻める明桜館の橋口選手(右)

柔道男子団体3回戦で相手に技をかける園田選手(右)

【撮影】読売新聞社 前田尚紀、浦上太介、平井翔子、大森祐輔、割田謙一郎【制作】読売新聞メディア局
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます