高校総体2019

8月18日ハイライト

 
読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

競泳の女子100メートル背泳ぎは、7月に行われた世界選手権代表の酒井夏海(埼玉・武南3年)が頂点に立った。女子50メートル自由形では、大内紗雪(神奈川・日大藤沢3年)が連覇を達成。飛び込みの男子板飛び込みは、山本馨(大分・別府翔青2年)が優勝した。卓球の男子ダブルスは野田学園(山口)の戸上隼輔、宮川昌大(ともに3年)組、女子は四天王寺(大阪)の大川真実、本井明梨(ともに2年)組が制した。

競泳女子100メートル背泳ぎで優勝した武南の酒井夏海

競泳女子100メートル背泳ぎで優勝し、表彰台で笑顔を見せる武南の酒井夏海

競泳女子50メートル自由形で準優勝し、表彰台で笑顔を見せる飯田の今牧選手

競泳女子200メートル自由形で4位に入賞した西城陽の辻選手

競泳男子200メートルバタフライで優勝した昭和学院の寺門選手

競泳男子200メートルバタフライで優勝し、表彰台で笑顔を見せる昭和学院の寺門選手(中央)と、準優勝した東海大浦安の井上選手(左)

競泳男子50メートル自由形で優勝した常総学院の猿山選手(中央)

男子板飛び込みで優勝した山本選手

男子板飛び込みで優勝した別府翔青の山本選手

男子板飛び込み表彰台で笑顔を見せる優勝した別府翔青の山本選手

男子板飛び込みで準優勝した取手二の坂田選手

男子板飛び込みで準優勝した取手二の坂田選手

男子板飛び込みで準優勝し笑顔を見せる取手二の坂田選手

卓球男子ダブルスで優勝した野田学園の戸上隼輔(右)、宮川昌大組

卓球男子ダブルスで優勝した野田学園の戸上隼輔(右)、宮川昌大組

卓球男子ダブルスで優勝し笑顔を見せる野田学園の戸上隼輔(右)、宮川昌大組

女子ダブルスで息の合ったプレーを見せる優勝した四天王寺の大川、本井選手組

女子ダブルスで優勝した四天王寺の大川真美選手(右)と本井明梨選手(中央)

【撮影】読売新聞社  久保敏郎  板山康成 中條賢太 山之内大空 山崎祥太 葛谷晃一郎 峰 啓 横峯昴 亀田考明 林 航【制作】読売新聞メディア局
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます