被災地・釜石でW杯へ弾み

ラグビー日本代表、フィジーを撃破

 
読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

東日本大震災の津波にのまれた学校の跡地に誕生した、ラグビーW杯日本大会の試合会場・釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県釜石市)。7月27日、初めての国際試合が開かれ、日本代表が強豪・フィジーと対戦した。

スタジアムにたくさんの人が詰めかけた

鵜住居駅前では歓迎の大漁旗が振られた

ピッチでも大漁旗がはためく

ジャパンの円陣

国歌斉唱

ジョセフ・ヘッドコーチの下、宮崎合宿でチームづくりを進めてきた日本代表。選手たちは、躍動した。

田村のPGで、日本が序盤に先制

前半、福岡が日本の最初のトライ。田村のキックパスに飛びついた

前半、姫野(下)が日本4個目のトライ

途中出場したリーチが突進

フラッグを手に応援するファン

後半開始前、盛り上がる観客席

相手陣を疾走する中村

後半、松島(左)がキックでボールを転がして進み、貴重なトライ

田村の正確なキック

前半に4トライを奪い、後半も1トライを加えた日本が、34―21でフィジーに快勝。W杯に向けて弾みをつけた。

釜石のスタンドを埋めたファンにあいさつする試合後の選手たち

勝利を喜ぶファン

読売新聞写真部
【撮影者】冨田大介、浦上太介、伊藤紘二
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます