井山裕太棋聖V9なるか、河野臨九段の初戴冠か

第45期棋聖戦第1局

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

 囲碁界の最高位を争う第45期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)の第1局が13、14日、東京都文京区の「ホテル椿山荘東京」で行われた。棋聖戦史上最多の9連覇がかかる井山裕太棋聖(31)に、初の棋聖獲得を目指す河野臨九段(40)が2年連続で挑戦。2日間の頭脳戦を制し、タイトルへ一歩先んじたのは――。

初日

河野九段が黒(先手)

井山棋聖は白(後手)で迎え撃つ

両雄とも、頬杖をついて読みを深める

昼食。左から、井山棋聖の「そば(冷)」と河野九段の「チキンカレー」

午後のおやつ。左から、井山棋聖の「フルーツ盛り合わせ」と河野九段の「ショートケーキ」。なお、午前のおやつは2人ともホットコーヒーを飲んで済ませた

対局中、ふと窓外を見やる井山棋聖

対局室の窓からは、壮麗な庭園が見える

盤上をみつめる河野九段

河野九段愛用の扇子

目を閉じて考える井山棋聖

眉間のあたりに手をやって考える河野九段

席へ戻る井山棋聖と、盤上をみつめる河野九段

メガネを外す井山棋聖

額に手をやる河野九段

2日目

再開前、検温を受ける井山棋聖

河野九段も検温を受けた

封じ手の書面を手にする趙治勲名誉名人(中央)

井山棋聖が封じ手を打って対局再開

井山棋聖は、よくジャケットを脱いだり着たりした

目をつぶって首を傾げる河野九段

集中を高める河野九段

盤上に視線を突き刺す井山棋聖

井山棋聖は、つぼ押しの器具を対局に持ってきている

同じタイミングで飲み物を口に運ぶ両雄

昼食休憩前の盤面

昼食。左から、井山棋聖の「魚介のキターラ」と河野九段の「ビーフカレー」

記録係がつけた昼食休憩前までの棋譜

記録係の星合志保二段(左)と金子真季二段も昼食をとった

井山棋聖の不在中も考え続ける河野九段

河野九段が席を立った

午後のおやつ。両雄とも「フルーツ盛り合わせ」だが、コーヒーはホット(井山棋聖)とアイス(河野九段)で分かれた。なお、午前のおやつは河野九段がホットコーヒーを飲み、井山棋聖はキャンセルした

2日目午後の検討室

パウチ飲料を飲みつつ、首を傾げる井山棋聖

夕方、勝負は「秒読み」に入った。盤面をみつめる井山棋聖

河野九段が投了し、七番勝負の初戦は井山棋聖に軍配が上がった。一礼する両雄

感想戦。9連覇への好スタートを切った対局を振り返る井山棋聖

次局以降も目が離せない

【撮影】若杉和希・読売新聞写真部
【編集】読売新聞配信部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます