井山裕太棋聖 vs.河野臨九段 絶景の長崎で火花

第45期棋聖戦七番勝負第3局

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

 第45期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)の第3局が5、6日、長崎県西海市のオリーブベイホテルであった。連勝発進した井山裕太棋聖(31)は、ここで勝てば一気に王手。挑戦者の河野臨九段(40)としては、どうしても1勝を返したい対局だ。果たして、貴重な白星を手にしたのは――。

対局前日

井山棋聖がホテルに到着

ガラスの向こうに、到着した河野九段が見える

会場のオリーブベイホテルは、海辺にある

検分のため、両者が対局室に入った

立会人らの見守る中で、両者が碁石や盤を確かめた

もう桜が咲き始めている

初日

開始前、井山棋聖が碁盤を丁寧に拭いた

河野九段が黒(先手)。対局が始まった

ネクタイに手をやる河野九段

マスクをずらす井山棋聖

飲み物を口にする2人

対局中、河野九段がみせたしぐさ。座布団の位置を直したり(左)、お茶をそそいだり

気迫をにじませる河野九段

井山棋聖は落ち着いた表情

ジャケットを羽織る井山棋聖

初日の昼食は、両者ともすしを食べた

休憩後、対局室へ向かう井山棋聖

河野九段も、対局室へ歩を進める

再開直前、2人の表情

両者とも、膝の上に手を組んで対局再開を待った。左が井山棋聖、右が河野九段

扇子を手に頭をかく河野九段

初日午後のおやつ。左は井山棋聖の「フルーツ盛り合わせ」で、右は河野九段の「福砂屋カステラ」

棋譜をチェックし、記録係に返す井山棋聖

考え込む2人

井山棋聖が封じ手(56手目)の入った封筒を立会人に渡し、初日を終えた

2日目

立会人の山田規三生九段が、封じ手を開封する

対局再開。井山棋聖が打つ封じ手を河野九段が見つめる

眼鏡を外し、目頭を押さえる井山棋聖

額に手を当てる河野九段

盤面を検討する(左から)山田規三生九段、大橋成哉七段、瀬戸大樹八段

2日目の昼食は、井山棋聖が「ちゃんぽん」(左)、河野九段が「五島うどん」

盤面を見つめる両棋士。目を離せない展開が続く

2日目午後のおやつ。井山棋聖は「福砂屋カステラ」(左)、河野九段は「フルーツ盛り合わせ」

終盤、考え込む河野九段

投了する河野九段(左)と一礼する井山棋聖。井山棋聖が3連勝で、棋聖戦史上初の9連覇に王手をかけた

次局で9連覇の偉業達成なるか、挑戦者が意地を見せるのか――

【撮影】若杉和希・読売新聞写真部
【編集】読売新聞配信部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます