第100回全国高校野球選手権記念大会

8月7日ハイライト

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

高岡商4―1佐賀商(1回戦=7日)――高岡商(富山)は五回、井林のソロで先制。追いつかれた直後の七回には、田嶋の2点二塁打などで3点を勝ち越した。先発の山田が7回1失点と好投し、継投で反撃をしのいだ。佐賀商(佐賀)は七回に敵失で1点を返し、いったんは同点とする粘りを見せたが、及ばなかった。

力投する高岡商先発の山田(7日)=西孝高撮影

力投する佐賀商先発の木村(7日)=西孝高撮影

2回佐賀商2死、中島がチーム初ヒットを放つ(7日)=近藤誠撮影

5回高岡商2死、井林が先制ソロを放つ(投手・木村)(7日)=近藤誠撮影

5回高岡商2死、先制ソロを放ちガッツポーズの井林(7日)=近藤誠撮影

6回佐賀商2死満塁、小柳(中央)が見逃し三振に倒れる(投手・山田、捕手・筏)(7日)=近藤誠撮影

7回高岡商1死満塁、田嶋が2点2塁打を放つ(捕手・本嶋)(7日)=近藤誠撮影

高岡商に敗れ、甲子園の土を集める佐賀商の選手たち(7日)=西孝高撮影

 近江7―3智弁和歌山(1回戦=7日)――近江(滋賀)が3本の本塁打などで快勝。2点を追う四回、北村の2ランで同点。五回に山田のソロで勝ち越し、八回には北村のこの日2本目の2ランなどでリードを広げた。4投手の継投で反撃を抑え、4年ぶりの初戦突破。今春の選抜で準優勝した智弁和歌山(和歌山)は二回に2点を先制したが、追加点は九回の1点にとどまった。

2回智弁和歌山1死1、2塁、東妻が先制の適時打を放つ(投手・松岡、捕手・有馬)(7日)=近藤誠撮影

2番手で登板し、無失点に抑えた近江の林(7日)=秋月正樹撮影

5回近江無死、山田が本塁打を放つ(7日)=秋月正樹撮影

5回智弁和歌山1死1、3塁、林が空振り三振に倒れる(投手・林、捕手・有馬)(7日)=秋月正樹撮影

6回智弁和歌山無死1、2塁、打者・東妻の時、土田が捕手からのけん制で2塁走者の黒川をタッチしアウトにする(7日)=秋月正樹撮影

8回近江2死1塁、北村がこの日2本目となる2ランを放つ(投手・平田、捕手・東妻)(7日)=近藤誠撮影

近江に敗れ、ベンチ前で整列する智弁和歌山の選手たち(7日)=秋月正樹撮影

前橋育英2―0近大付(1回戦=7日)――前橋育英(群馬)は二回に剣持の二塁打で先制し、四回には丸山の適時打で加点。エース恩田が好守にも助けられて完封した。近大付(南大阪)は打線がつながらず、好投の大石を援護できなかった。

近大付を完封した前橋育英の恩田(7日)=秋月正樹撮影

7奪三振と好投した近大付の大石(7日)=秋月正樹撮影

1回近大付2死、山本がヒットを放つ(7日)=近藤誠撮影

1回近大付2死1塁、打者・高倉の時、2盗を試みた1塁走者の山本(左)をタッチアウトにする遊撃手の北原(7日)=秋月正樹撮影

2回前橋育英2死1塁、剣持が先制の適時2塁打を放つ(捕手・西川)(7日)=近藤誠撮影

2回前橋育英2死1塁、剣持の適時2塁打で1塁走者の丸山が生還(捕手・西川)(7日)=秋月正樹撮影

8回近大付1死2塁、川瀬が安打を放つ(7日)=秋月正樹撮影

前橋育英に敗れ、ベンチ前に整列する近大付の選手たち(7日)=秋月正樹撮影

常葉大菊川8―7益田東(1回戦=7日)――常葉大菊川(静岡)がシーソーゲームを制した。1点を追う八回、神谷の適時二塁打などで2点を奪って逆転し、そのまま逃げ切った。益田東(島根)は七回、打線がつながり逆転したが、及ばなかった。

力投する常葉大菊川先発の漢人(7日)=秋月正樹撮影

力投する益田東先発の和田(7日)=秋月正樹撮影

3回益田東1死1、2塁、首藤が先制の適時打を放つ(捕手・根来)(7日)=西孝高撮影

3回益田東1死1、2塁、首藤の適時打で生還しガッツポーズをする2塁走者の中山(7日)=秋月正樹撮影

4回常葉大菊川無死2塁、奈良間が2ランを放つ(7日)=秋月正樹撮影

7回益田東1死2、3塁、稲林が2点3塁打を放つ(7日)=西孝高撮影

8回常葉大菊川1死1塁、神谷が適時2塁打を放ち同点(投手・和田、捕手・中山)(7日)=西孝高撮影

常葉大菊川に敗れベンチ前に整列する益田東の選手たち(7日)=秋月正樹撮影

【撮影】読売新聞写真部【制作】読売新聞メディア局編集部
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます