第100回全国高校野球選手権記念大会

8月12日ハイライト

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

二松学舎大付5―2広陵(2回戦=12日)――二松学舎大付(東東京)が接戦を制し、3回戦に駒を進めた。同点の七回、右田の右前2点打で勝ち越し、保川の左前適時打でリードを広げた。広陵(広島)は1点を追う五回に福光のソロ本塁打で一度は追いついたが、二松学舎大付の投手陣を打ち崩せなかった。

力投する広陵先発の森悠(12日)=西孝高撮影

1回二松学舎大付1死1、2塁、保川が先制の2点2塁打を放つ(投手・森悠、捕手・鉤流)(12日)=近藤誠撮影

4回途中から登板し、好投した二松学舎大付の岸川(12日)=西孝高撮影

5回広陵無死、福光がソロを放つ(捕手・山田)(12日)=近藤誠撮影

7回二松学舎大付1死2、3塁、右田が勝ち越しの2点適時打を放つ(12日)=西孝高撮影

7回二松学舎大付2死1、2塁、保川の適時打で2塁走者の右田が生還しガッツポーズ(12日)=西孝高撮影

二松学舎大付に敗れ、ベンチ前に整列する広陵の選手たち(12日)=秋月正樹撮影

浦和学院9―0仙台育英(2回戦=12日)――浦和学院(南埼玉)が12安打で9点を挙げ、快勝した。一回、佐野の2点二塁打で先制。三回には矢野の適時三塁打などで2点を加え、その後も蛭間のソロなどでリードを広げた。先発の渡辺が6回を3安打、無失点の好投。仙台育英(宮城)は打線がつながらなかった。

1回浦和学院2死2、3塁、佐野が2点2塁打を放つ(12日)=近藤誠撮影

好投した浦和学院先発の渡辺(12日)=秋月正樹撮影

3回浦和学院無死3塁、矢野が適時3塁打を放つ(12日)=秋月正樹撮影

4回浦和学院2死2塁、打者・中前の時、投手からのけん制で2塁走者をタッチアウトにする遊撃手の沢田(12日)=近藤誠撮影

5回仙台育英1死、熊谷が2塁打を放つ(12日)=秋月正樹撮影

8回浦和学院無死、蛭間がソロを放つ(捕手・阿部)(12日)=近藤誠撮影

浦和学院に敗れ、ベンチ前に整列する仙台育英の選手たち(12日)=近藤誠撮影

済美13―11星稜(2回戦=12日)――済美(愛媛)が延長タイブレイクをサヨナラ勝ちで制し、16強入りした。6点を追う八回、政吉の3ランなどで一挙8得点を挙げて2点を勝ち越し。九回に同点とされ、さらに2点を追う十三回、矢野が満塁本塁打で試合を決めた。星稜(石川)は苦心の継投も実らず。

1回星稜1死、チーム初ヒットを放つ河井(12日)=近藤誠撮影

8回済美1死1、2塁、池内に適時打を打たれ、厳しい表情の竹谷(12日)=近藤誠撮影

8回済美2死1、3塁、逆転3ランを放ち喜ぶ政吉(12日)=近藤誠撮影

9回星稜1死1塁、南保がこの日4本目の安打を放つ(12日)=秋月正樹撮影

184球を投げて勝利に貢献した済美の山口直(12日)=秋月正樹撮影

3回済美無死満塁、矢野が逆転のサヨナラ本塁打を放つ(捕手・山瀬)(12日)=秋月正樹撮影

13回済美無死満塁、矢野④が逆転のサヨナラ本塁打を放ち、喜ぶ済美の選手たち(12日)=近藤誠撮影

星稜に勝利し、笑顔でアルプススタンドへあいさつに行く済美の選手たち(12日)=近藤誠撮影

済美に敗れ、ベンチ前に整列する星稜の選手たち(12日)=秋月正樹撮影

高知商12―6慶応(2回戦=12日)――高知商(高知)が打ち勝った。1点を追う二回に西村の2点二塁打などで7点を奪って逆転。四回には藤田の2点適時打などで4点を挙げて突き放した。先発の北代は6失点も2戦連続の完投。慶応(北神奈川)はエース生井が序盤に崩れた。

1回慶応無死満塁、広瀬の適時打で2塁走者の大川が本塁を突くもタッチアウト(捕手・乗松)(12日)=西孝高撮影

2回高知商1死1、3塁、西村が勝ち越しの2点2塁打を放つ(12日)=近藤誠撮影

2回高知商2死1、2塁、藤田が2点3塁打を放つ(12日)=西孝高撮影

2回に勝ち越知を許し、遊撃手の宮尾(右)に声を掛けられる慶応先発の生井(12日)=秋月正樹撮影

5回慶応2死1塁、下山が2ランを放つ(12日)=秋月正樹撮影

9回を投げきった高知商の北代(12日)=近藤誠撮影

慶応に勝利し、笑顔でアルプススタンドへあいさつに行く高知商の選手たち(12日)=西孝高撮影

高知商に敗れ、ベンチ前に整列する慶応の選手たち(12日)=秋月正樹撮影

【撮影】読売新聞写真部【作成】読売新聞メディア局編集部
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます