第100回全国高校野球選手権記念大会

8月13日ハイライト

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

大阪桐蔭10―4沖学園(2回戦=13日)――大阪桐蔭(北大阪)が快勝。同点の六回、宮崎と青地の適時打などで4点を勝ち越すと、八回の藤原の2ランなどで突き放した。根尾と柿木の継投で逃げ切った。沖学園(南福岡)は二回に暴投で1点を先制し、二度追いつく粘りを見せたが、投手陣が粘れなかった。

力投する大阪桐蔭先発の根尾(13日)=秋月正樹撮影

5回沖学園無死、森島がソロ本塁打を放つ(13日)=秋月正樹撮影

6回大阪桐蔭2死満塁、吉村が勝ち越しの適時打を放つ(捕手・平川)(13日)=秋月正樹撮影

6回沖学園2死2塁、吉村の適時打で2塁走者の斉藤が生還(捕手・小泉)(13日)=前田尚紀撮影

6回大阪桐蔭2死満塁、青地が2点適時打を放つ(投手・斉藤、捕手・平川)(13日)=西孝高撮影

7回大阪桐蔭無死、根尾(左)に本塁打を撃たれた斉藤(13日)=西孝高撮影

8回沖学園1死、阿部がソロ本塁打を放つ(13日)=西孝高撮影

8回大阪桐蔭2死3塁、藤原が2ランを放つ(13日)=西孝高撮影

大阪桐蔭に敗れ、ベンチ前に整列する沖学園の選手たち(13日)=秋月正樹撮影

高岡商5―4佐久長聖(2回戦=13日)――高岡商(富山)が佐久長聖(長野)に競り勝った。一回、中村の適時二塁打で先制。二回には山田と鞍田の適時二塁打で加点した。佐久長聖は六回、斎藤の2点打で追い上げ、九回にも1点を返したが、届かなかった。

力投する佐久長聖先発の林(13日)=秋月正樹撮影

1回高岡商1死2塁、中村が先制の適時2塁打を放つ(捕手・小山)(13日)=前田尚紀撮影

2回高岡商2死3塁、鞍田が適時2塁打を放つ(13日)=西孝高撮影

6回佐久長聖無死2、3塁、斎藤が2点適時打を放つ(13日)=西孝高撮影

7回高岡商2死、3塁打を放ち、守備が乱れる間に本塁を突いた井林をタッチしてアウトにする捕手の小山(13日)=秋月正樹撮影

8回佐久長聖2死、この日2本目の安打を放つ樋口(13日)=前田尚紀撮影

高岡商に敗れ、ベンチ前に整列する佐久長聖の選手たち(13日)=前田尚紀撮影

近江4―3前橋育英(2回戦=13日)――近江(滋賀)がサヨナラ勝ちで、3回戦進出。2点を追う六回、4連打で追いつき、九回無死満塁から有馬が中前打を放ち、試合を決めた。前橋育英(群馬)は二回に3点を奪って一時は逆転したが、相手の2番手・林を捉えきれなかった。

2回前橋育英1死満塁、恩田が2点2塁打を放つ(捕手・有馬)(13日)=西孝高撮影

2回前橋育英1死1、2塁、剣持が安打を放つ(13日)=大原一郎撮影

4回近江2死2塁、家田の飛球を好捕する左翼手の梅沢(上)(13日)=前田尚紀撮影

6回近江1死満塁、家田が同点の2点適時打を放つ(投手・恩田、捕手・小池)(13日)=西孝高撮影

9回近江無死満塁、サヨナラ打を放ちガッツポーズの有馬(13日)=前田尚紀撮影

9回近江無死満塁、サヨナラ打を放ち、住谷(左)と抱き合って喜ぶ有馬(右は投手の恩田)(13日)=前田尚紀撮影

9回近江無死満塁、サヨナラ打を打たれた前橋育英の恩田(13日)=大原一郎撮影

近江に敗れ、ベンチ前に整列する前橋育英の選手たち(13日)=西孝高撮影

【撮影)読売新聞写真部【制作】読売新聞メディア局編集部
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます