第100回全国高校野球選手権記念大会

8月14日ハイライト

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

常葉大菊川3―0日南学園(2回戦=14日)――常葉大菊川(静岡)が投打に安定した試合運びを見せた。三回、鈴木の左前打で1点を先制。六回に代打・岡田の内野安打、八回には伊藤の右前打で1点ずつリードを広げた。漢人が完封。日南学園(宮崎)は再三、走者を出しながらあと1本が出ず、力投した辰己を援護できなかった。

1回日南学園2死1塁、打者・門川の時、1塁走者の蓑尾が2盗を決める(14日)=前田尚紀撮影

3回常葉大菊川1死1、3塁、打者・鈴木の時、2盗を狙う1塁走者をタッチアウトにする遊撃手の中原(14日)=大原一郎撮影

3回常葉大菊川2死3塁、鈴木が先制の適時打を放つ(捕手・蓑尾)(14日)=西孝高撮影

6回常葉大菊川2死3塁、代打の岡田が適時内野安打を放つ(投手・辰己、捕手・蓑尾)(14日)=前田尚紀撮影

6回常葉大菊川2死1塁、漢人の邪飛を好捕する3塁手の坂元(14日)=大原一郎撮影

9回3失点の力投を見せた日南学園の辰己(14日)=西孝高撮影

日南学園を完封した常葉大菊川の漢人(14日)=西孝高撮影

日南学園を完封し、鈴木(左)とタッチして喜ぶ常葉大菊川の漢人(14日)=西孝高撮影

常葉大菊川に敗れ、ベンチ前に整列する日南学園の選手たち(14日)=西孝高撮影

金足農6―3大垣日大(2回戦=14日)――金足農(秋田)が接戦を制した。同点の八回、大友のソロで勝ち越し、九回には菅原天の適時三塁打などで2点を加えて突き放した。大垣日大(岐阜)は三回、杉本の2点左前打で追いついたが、四回以降、金足農のエース吉田を打ち崩せなかった。

1回大垣日大1死満塁、小野寺が適時打を放つ(投手・吉田、捕手・菊地亮)(14日)=前田尚紀撮影

1回を終え、雄たけびをあげる金足農先発の吉田(14日)=西孝高撮影

2回金足農1死2塁、菊地彪が適時3塁打を放つ(14日)=大原一郎撮影

3回から登板し、力投する大垣日大の杉本(14日)=西孝高撮影

3回大垣日大2死2、3塁、杉本が2点適時打を放つ(14日)=西孝高撮影

5回大垣日大1死1塁、小野寺が内野ゴロ併殺に倒れる(1塁手・高橋)(14日)=前田尚紀撮影

8回金足農1死、勝ち越しソロを放ちガッツポーズの大友(14日)=今野絵里撮影

9回金足農1死2塁、菅原天が適時3塁打を放つ(投手・杉本、捕手・日高)(14日)=前田尚紀撮影

金足農に敗れ、ベンチ前で整列する大垣日大の選手たち(14日)=前田尚紀撮影

横浜8―6花咲徳栄(2回戦=14日)――横浜(南神奈川)が前半のリードを継投で守った。四回に角田の適時打などで6点を勝ち越し。前年覇者の花咲徳栄(北埼玉)は野村が六回に2ランを放ち、九回にも野村の内野安打などで2点を奪ったが、及ばなかった。

1回花咲徳栄1死2塁、韮沢が先制適時打を放つ(14日)=大原一郎撮影

3回横浜2死2塁、河原木が同点の適時打を放つ(捕手・田谷野)(14日)=今野絵里撮影

4回横浜無死2塁、角田が適時打を放つ(捕手・田谷野)(14日)=前田尚紀撮影

4回横浜無死2塁、角田の適時打で2塁走者の内海が生還(捕手・田谷野)(14日)=大原一郎撮影

4回、マウンドを降り1塁の守備につく花咲徳栄先発の野村(14日)=前田尚紀撮影

6回花咲徳栄無死1塁、野村が2ランを放つ(14日)=今野絵里撮影

7回花咲徳栄1死、橋本吏がソロ本塁打を放つ(捕手・角田)(14日)=前田尚紀撮影

花咲徳栄に勝利し、笑顔でアルプススタンドに向かう横浜の選手たち(14日)=今野絵里撮影

横浜に敗れベンチ前に整列する花咲徳栄の選手たち(14日)=前田尚紀撮影

【撮影】読売新聞写真部【制作】読売新聞メディア局編集部
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます