第100回全国高校野球選手権記念大会

8月16日ハイライト

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

 報徳学園7―2愛工大名電(3回戦=16日)――報徳学園(東兵庫)が8年ぶりのベスト8進出。1点を追う三回、暴投と押し出し死球、堀尾の2点適時打で4点を奪って逆転すると、五回にも羽渕の二塁打などで3点を追加した。愛工大名電(西愛知)は投手陣が四死球から崩れ、四回に安井のソロで反撃したが及ばなかった。

先発して7回を投げた報徳学園の林(16日)=大原一郎撮影

1回愛工大名電無死、永井が2塁打を放つ(16日)=今野絵里撮影

力投する愛工大名電先発の室田(16日)=大原一郎撮影

3回報徳学園2死満塁、堀尾が2点適時打を放つ(捕手・安井)(16日)=今野絵里撮影

4回愛工大名電2死、安井がソロ本塁打を放つ(捕手・堀尾)(16日)=今野絵里撮影

5回報徳学園1死、1、3塁、糸井が適時2塁打を放つ(投手・秋山、捕手・安井)(16日)=今野絵里撮影

報徳学園に敗れ、ベンチ前に整列する愛工大名電の選手たち(16日)=今野絵里撮影

愛工大名電に勝利し、笑顔でアルプススタンドへあいさつに行く報徳学園の選手たち(16日)=大原一郎撮影

 浦和学院6―0二松学舎大付(3回戦=16日)――浦和学院(南埼玉)は打線がつながり、8強入りを果たした。三回、中前と矢野の連打で2点を先行。五回にも矢野の適時打と敵失で3点を加えるなど小刻みに加点し、突き放した。先発の渡辺が完封。二松学舎大付(東東京)は拙攻が響いた。

力投する二松学舎大付先発の海老原(16日)=前田尚紀撮影

2回二松学舎大付1死1塁、2盗を狙う1塁走者をタッチアウトにする遊撃手の中前(16日)=今野絵里撮影

3回浦和学院1死3塁、矢野が適時打を放つ(投手・海老原)(16日)=今野絵里撮影

4回二松学舎大付無死1塁、保川が2塁打を放つ(16日)=前田尚紀撮影

5回浦和学院1死3塁、矢野が適時打を放つ(16日)=前田尚紀撮影

6回二松学舎大付1死、平間が安打を放つ(16日)=今野絵里撮影

完封した浦和学院の渡辺(16日)=前田尚紀撮影

8回浦和学院無死1塁、渡辺(左)の送りバントを処理する捕手の山田(16日)=前田尚紀撮影

浦和学院に敗れ、ベンチ前に整列する二松学舎大付の選手たち(16日)=今野絵里撮影

二松学舎大付に勝利し、アルプススタンドへあいさつに行く浦和学院の選手たち(16日)=今野絵里撮影

 済美3―1高知商(3回戦=16日)――済美(愛媛)が接戦を制して8強入り。五回、芦谷の左前適時打で均衡を破り、七回は中井の適時二塁打などで2点を加えた。先発の山口直は要所を締め、1失点完投。高知商(高知)は1、2回戦で2桁得点の打線が振るわず、七回に北代の適時打で1点を返すのがやっとだった。

5回済美2死1、3塁、芦谷が先制の適時打を放つ(捕手・乗松)(16日)=今野絵里撮影

完投した済美先発の山口直(16日)=前田尚紀撮影

7回高知商2死1、3塁、北代が適時打を放ち1点を返す(16日)=今野絵里撮影

7回済美無死1塁、中井が適時2塁打を放つ(16日)=今野絵里撮影

完投した高知商先発の北代(16日)=前田尚紀撮影

済美に敗れ、ベンチ前に整列する高知商の選手たち(16日)=今野絵里撮影

高知商に勝利し、笑顔でアルプススタンドへあいさつに行く済美の選手たち(16日)=前田尚紀撮影

 大阪桐蔭3―1高岡商(3回戦=16日)――大阪桐蔭(北大阪)が8強入りを決めた。1点を追う三回、中川の2点二塁打で逆転すると、六回には山田の適時二塁打で加点。横川―柿木かきぎの継投で逃げ切った。高岡商(富山)は二回に1点を先制したが、好投した先発の山田を打線が援護できなかった。

力投する高岡商先発の山田(16日)=今野絵里撮影

2回高岡商無死、安打を放つ筏(16日)=大原一郎撮影

3回大阪桐蔭1死1、2塁、中川が逆転の2点2塁打を放つ(16日)=前田尚紀撮影

3回大阪桐蔭1死1、2塁、中川の適時2塁打で1塁走者の青地が生還して逆転(捕手・筏)(16日)=前田尚紀撮影

先発して5回を1失点に抑えた大阪桐蔭の横川(16日)=前田尚紀撮影

6回大阪桐蔭無死1塁、2盗を狙う1塁走者をタッチアウトにする遊撃手の中村(16日)=前田尚紀撮影

6回大阪桐蔭2死2塁、山田が適時2塁打を放つ(16日)=大原一郎撮影

6回から登板した大阪桐蔭の柿木(16日)=前田尚紀撮影

大阪桐蔭に敗れ、ベンチ前に整列する高岡商の選手たち(16日)=大原一郎撮影

高岡商に勝利し、アルプススタンドへあいさつに行く大阪桐蔭の選手たち(16日)=前田尚紀撮影

【撮影】読売新聞写真部【制作】読売新聞メディア局編集部
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます