第100回全国高校野球選手権記念大会

8月17日ハイライト

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

近江9―4常葉大菊川(3回戦=17日)――投打がかみ合った近江(滋賀)が8強入り。

 一回、4番北村の二塁打で1点を先制。三回、五回、七回と北村の4打席連続適時打でリードを広げた。林が8回1失点の力投。常葉大菊川(静岡)は九回に打線がつながり、伊藤の2ランなどで追い上げたが、及ばなかった。

力投する近江の先発の林(17日)=今野絵里撮影

6回常葉大菊川無死1塁、2盗を狙う1塁走者をタッチアウトにする遊撃手の土田(17日)=前田尚紀撮影

7回近江無死、住谷が安打を放つ(投手・榛村)(17日)=前田尚紀撮影

7回近江2死、1、2塁、北村が2点3塁打を放つ(投手・榛村、捕手・根来)(17日)=前田尚紀撮影

9回常葉大菊川2死3塁、伊藤が2ランを放つ(捕手・有馬)(17日)=前田尚紀撮影

常葉大菊川に勝利し、アルプス席にあいさつに向かう近江の選手たち(17日)=前田尚紀撮影

近江に敗れ、ベンチ前に整列する常葉大菊川の選手たち(17日)=前田尚紀撮影

金足農5―4横浜(3回戦=17日)――金足農(秋田)が一発攻勢で逆転勝ちした。2点を追う三回、吉田の2ランで同点。再び2点を追う展開となった八回には、高橋が3ランを放って逆転した。吉田が3試合連続の2桁奪三振となる14三振で完投。横浜(南神奈川)は主導権を握ったが、先発の板川が2本塁打に泣いた。

力投する横浜先発の板川(17日)=大原一郎撮影

3回金足農2死3塁、吉田が同点2ランを放つ(投手・板川、捕手・角田)(17日)=前田尚紀撮影

3回金足農2死3塁、同点2ランを放ち、3塁走者の佐々木(中央)、次打者の打川(左)と笑顔でハイタッチする吉田(17日)=大原一郎撮影

6回横浜2死2塁、遠藤が勝ち越しの適時2塁打を放つ(投手・吉田)(17日)=前田尚紀撮影

8回金足農1死1、2塁、高橋が逆転3ランを放つ(投手・板川、捕手・角田)(17日)=前田尚紀撮影

8回金足農1死1、2塁、逆転3ランを放ちガッツポーズの高橋(17日)=前田尚紀撮影

14奪三振と好投した金足農先発の吉田(17日)=大原一郎撮影

金足農に敗れ、ベンチ前に整列する横浜の選手たち(17日)=前田尚紀撮影

下関国際4―1木更津総合(3回戦=17日)――下関国際(山口)が初の8強入り。二回、敵失と浜松の左前適時打で2点を先行し、八回に鶴田の右前適時打、九回は浜松の適時二塁打で突き放した。先発の鶴田は再三のピンチを切り抜けて完投。木更津総合(東千葉)は三回の東のソロによる1点にとどまった。

先発して7回を投げた木更津総合の根本(17日)=大原一郎撮影

2回下関国際1死2、3塁、浜松が適時打を放つ(17日)=前田尚紀撮影

3回木更津総合2死、東が本塁打を放つ(捕手・品川)(17日)=前田尚紀撮影

8回木更津総合2死1塁、安打を放つ神山(17日)=前田尚紀撮影

8回下関国際無死1塁、1塁走者の甲山が2盗を決める(17日)=前田尚紀撮影

9回下関国際1死2塁、浜松が適時2塁打を放つ(投手・篠木、捕手・山中)(17日)=前田尚紀撮影

9回1失点と好投した下関国際の鶴田(17日)=大原一郎撮影

下関国際に敗れ、ベンチ前に整列する木更津総合の選手たち(17日)=前田尚紀撮影

日大三4―3龍谷大平安(3回戦=17日)――日大三(西東京)は三回、金子のソロと日置の適時打で2点先行。同点の六回には、佐藤英の適時三塁打で1点リード。再び同点で迎えた八回、押し出し死球で1点を勝ち越すと、継投で逃げ切った。

 龍谷大平安(京都)は五回に小寺の適時打などで追い付き、1点を追う七回には代打・生水の適時打で再び同点としたが、あと一歩及ばなかった。

3回日大三無死、金子が先制のソロ本塁打を放つ(投手・小寺、捕手・田島)(17日)=今野絵里撮影

2番手で登板した日大三の河村(17日)=大原一郎撮影

7回龍谷大平安2死2塁、代打・生水が同点の適時打を放つ(17日)=大原一郎撮影

7回龍谷大平安2死2塁、代打・生水の適時打で2塁走者の佐野が生還(捕手・佐藤英)(17日)=大原一郎撮影

8回龍谷大平安2死1、2塁、田島の内野安打と送球の間に本塁を突いた2塁走者の松田をタッチアウトにする捕手の佐藤英(17日)=大原一郎撮影

8回日大三2死満塁、金子(左)に押し出しの死球を与えた小寺(17日)=今野絵里撮影

完投した龍谷大平安の小寺(17日)=大原一郎撮影

日大三に敗れ、ベンチ前に整列する龍谷大平安の選手たち(17日)=今野絵里撮影

【撮影】読売新聞写真部【制作】読売新聞メディア局編集部
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます