東京2020パラリンピック

日本のメダリストたち・後編

制作・著作 読売新聞

 東京パラリンピックは連日、日本のメダルラッシュが続いた。その感動の瞬間とともに、メダリストたちをまとめて紹介する。
(2021年9月1日公開)

女子マラソン(視覚障害)で金メダルを獲得した道下美里(9月5日)=杉本昌大撮影

陸上女子マラソンの表彰式で金メダルを手に笑顔を見せる道下美里(9月5日)=秋月正樹撮影

男子マラソンの上肢障害で銅メダルを獲得した永田務(左)と視覚障害で銅メダルを獲得した堀越信司(9月5日)=杉本昌大撮影

バドミントン女子ダブルスで中国を破り、金メダルを獲得した里見紗李奈(左)、山崎悠麻組(9月5日)=池谷美帆撮影

バドミントン女子ダブルスで金メダルを獲得した里見紗李奈(左)、山崎悠麻組(9月5日)=池谷美帆撮影

バドミントン男子シングルスで金メダルを獲得した梶原大暉(9月5日)=池谷美帆撮影

バドミントン混合ダブルスで銅メダルを獲得した杉野明子(右)、藤原大輔組(9月5日)=近藤誠撮影

バドミントン男子ダブルスで銅メダルを獲得した梶原大暉(手前)、村山浩組(9月5日)=池谷美帆撮影

車いすバスケットボール男子で銀メダルを獲得した日本チーム(9月5日)=菅野靖撮影

車いすテニス男子シングルス決勝・オランダの選手と対戦する国枝慎吾(9月4日)=菅野靖撮影

車いすテニス男子シングルス決勝・金メダルを獲得し、日の丸を掲げる国枝慎吾(9月4日)=横山就平撮影

バドミントン女子シングルス決勝でタイの選手を破り金メダルを獲得した里見紗李奈(9月4日)=池谷美帆撮影

バドミントン女子シングルスの表彰式で金メダルを手にする里見紗李奈(9月4日)=池谷美帆撮影

バドミントン女子シングルス決勝で中国の選手と対戦する鈴木亜弥子。敗れて銀メダルとなった(9月4日)=池谷美帆撮影

バドミントン女子シングルス3位決定戦で亀山楓と対戦した杉野明子。勝利して銅メダルを獲得した(9月4日)=川崎公太撮影

バドミントン女子シングルス3位決定戦・トルコ選手と対戦する山崎悠麻。勝利して銅メダルを獲得した(9月4日)=川崎公太撮影

バドミントン女子ダブルス3位決定戦でフランスペアと対戦する伊藤則子(左)、鈴木亜弥子組。勝利して銅メダルを獲得した=川崎公太撮影

ボッチャペア決勝で韓国と対戦する高橋和樹(右)と河本圭亮(左)。敗れて銀メダルを獲得した(9月4日)=泉祥平撮影

車いすテニス女子ダブルスで銅メダルを獲得した上地結衣(左)、大谷桃子組(9月4日)=横山就平撮影

ボッチャチームの3位決定戦、最終エンドで競り勝ち、喜ぶ(右から)杉村英孝、藤井友里子ら(9月4日)=泉祥平撮影

車いすテニス女子シングルス決勝で、オランダのディーデ・デフロートと対戦する上地結衣(9月3日)=横山就平撮影

表彰式で優勝したデフロート(右)と笑顔で話す上地結衣(9月4日)=近藤誠撮影

陸上混合400メートルユニバーサルリレーで銅メダルを獲得した日本チーム。(右から)鈴木朋樹、高松佑圭、沢田優蘭と伴走者・塩川竜平、大島健吾(9月3日)=鈴木毅彦撮影

競泳男子100メートルバタフライ決勝で優勝した木村敬一(左)と2位の富田宇宙が抱き合って喜ぶ(9月3日)=泉祥平撮影

競泳男子100メートルバタフライで金メダルを獲得した木村敬一(9月3日)=泉祥平撮影

自転車ロード女子で金メダルを獲得した杉浦佳子(9月3日)=菅野靖撮影

自転車ロード女子の表彰式で金メダルを手にする杉浦佳子(9月3日)=菅野靖撮影

陸上男子100メートルで銀メダルを獲得した大矢勇気(9月3日)=杉本昌大撮影

ゴールボール女子3位決定戦でブラジルを破り、銅メダルを獲得した(右から)天摩由貴、萩原紀佳、欠端瑛子、浦田理恵、高橋利恵子(9月3日)=沼田光太郎撮影

競泳女子50メートル背泳ぎ決勝の山田美幸(9月2日)=泉祥平撮影

競泳女子50メートル背泳ぎ表彰式で笑顔を見せる山田美幸(9月2日)=泉祥平撮影

競泳男子50メートル自由形で銀メダルを獲得した鈴木孝幸(9月2日)=原田拓未撮影

競泳男子50メートル自由形で銀メダルを手にする鈴木孝幸。今大会出場したレースすべてでメダルを獲得した(9月2日)=泉祥平撮影

ボッチャ個人決勝で投球する杉村英孝。右は対戦相手のワトチャラポン・ウォンサ(タイ)(9月1日)=沼田光太郎撮影

ボッチャ個人で金メダルを獲得し、笑顔を見せる杉村英孝(9月1日)=沼田光太郎撮影

競泳男子100メートル平泳ぎで銀メダルを獲得した木村敬一(9月1日)=原田拓未撮影

車いすテニス混合上下肢障害ダブルス3位決定戦で英国と対戦する諸石光照(左)と菅野浩二(9月1日)=近藤誠撮影

【撮影】読売新聞写真部

Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.