新元号は「令和」に決定

 
読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

 政府は1日の臨時閣議で、「平成」に代わる新しい元号を「令和(れいわ)」と決定した。現存する日本最古の歌集「万葉集」から引用した。確認できる限り、日本の書物(国書)が元号の出典となったのは初めて。元号は皇太子さまが即位する5月1日午前0時に改められる。

首相官邸で開かれた「元号に関する懇談会」に臨む有識者(左列)と菅官房長官(右手前から4人目)ら(1日午前9時32分)=米山要撮影

新元号の選定にあたり、衆参両院の正副議長に意見聴取を行う菅官房長官(右手前)(1日午前10時19分、衆院議長公邸で)=萩本朋子撮影

新元号を発表する菅官房長官(1日午前11時42分、首相官邸で)=萩本朋子撮影

テレビ売り場で新元号発表の中継を見守る人たち(1日午前11時41分、東京都千代田区のビックカメラ有楽町店で)=武藤要撮影

駒札に新元号を書き入れる僧侶(1日午前11時45分、京都市右京区の仁和寺で)=土屋功撮影

街頭の電光掲示板に表示された新年号「令和」を撮影する人たち(1日午前11時47分、JR渋谷駅前で)=林陽一撮影

満開の桜の下、書道家の万美さんによって揮毫された新元号の「令和」(1日午前11時55分、東京都品川区で)=青山謙太郎撮影

鹿児島、宮崎県境の霧島連山・高千穂峰山頂で揮毫された新元号の「令和」(1日午前)=尾崎孝撮影

「大化」から「平成」まで247の元号を展示する北海道夕張市では、書道教室の生徒たちが新元号「令和」を書き加えた(1日午後0時4分)=沼田光太郎撮影

新しい元号「令和」の決定を受け、記者会見で談話を発表する安倍首相(1日午後0時18分、首相官邸で)=伊藤紘二撮影

銀座のショーウィンドーに飾られた書家が揮毫した新元号「令和」の周りに集まった人たち(1日午後0時57分、東京都中央区で)=大原一郎撮影

販売された「令和」が書かれた掛け紙を付けたバウムクーヘン(1日午後0時58分、大阪市北区で)=宇那木健一撮影

大東文化大の入学式で、様々な書体で揮毫した新元号を披露する書道部員ら(1日午後1時17分、さいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで)=鈴木竜三撮影

見事に新元号の「令和」を書き上げたオタリア(1日午後1時38分、横浜市金沢区の「横浜・八景島シーパラダイス」で)=鈴木毅彦撮影

さっそく製作された「平成」を新元号「令和」にする訂正印(1日午後2時52分、仙台市太白区の「欧文社」で)=関口寛人撮影

【撮影】読売新聞写真部【制作】読売新聞配信部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます