東京2020パラリンピック

閉会式

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

 東京パラリンピックは9月5日、競技日程を終え、東京・国立競技場で閉会式が行われた。式では「すべての違いが輝く街」をテーマにパフォーマンスが展開され、東京大会を通じて世界に発信された多様性と調和のあり方が表現された。後半には、パラリンピック旗を次回開催地のパリに引き継ぐセレモニーも行われた。
(2021年9月5日公開)

閉会式の始まりを告げる花火=菅野靖撮影

閉会式でドラム演奏のパフォーマンスをするモデルの後藤仁美さん=池谷美帆撮影

会場で繰り広げられるパフォーマンス=沼田光太郎撮影

鮮やかなライティングや華やかなパフォーマンスが次々と披露された=原田拓未撮影

日の丸を手に入場する佐藤友祈選手(左端)ら=泉祥平撮影

掲揚台に向けて入場する日の丸=原田拓未撮影

会場に入場する日の丸を取り囲む各国・地域の選手たち=菅野靖撮影

掲揚された日の丸=池谷美帆撮影

聖火台の前で披露されるパフォーマンス=伊藤紘二撮影

東京パラリンピック閉会式で入場するアフガニスタンの旗=横山就平撮影

東京パラリンピック閉会式で入場する各国・地域などの国旗=横山就平撮影

東京パラリンピックの閉会式で、日の丸を手に入場する岩渕幸洋選手(中央)=秋月正樹撮影

入場するパラリンピックのマスコット「ソメイティ」(左)とオリンピックのマスコット「ミライトワ」=川崎公太撮影

パラリンピックのマスコット「ソメイティ」(右)とオリンピックのマスコット「ミライトワ」=鈴木毅彦撮影

会場に再現された東京の町並み=泉祥平撮影

生命の多様性を表現する、華やかなパフォーマンス=鈴木毅彦撮影

会場に現れた東京の街とパフォーマー=横山就平撮影

パフォーマンスを楽しむ日本の選手たち=杉本昌大撮影

会場で繰り広げられる華やかなパフォーマンス=鈴木毅彦撮影

華やかな花火で彩られた会場=鈴木毅彦撮影

東京パラリンピックの閉会式で、小池百合子都知事(奥から2人目)からパリのアンヌ・イダルゴ市長(手前)に託されたパラリンピック旗=鈴木毅彦撮影

紫色に染まった聖火=川崎公太撮影

会場で燃え上がり、紫色に染まった聖火=鈴木毅彦撮影

様々な人の顔が映し出された会場=原田拓未撮影

消えていく聖火=池谷美帆撮影

閉会式の終わりに打ち上げられた花火(読売ヘリから)=橘薫撮影

聖火が消え「ARIGATO」の文字が表示された会場=泉祥平撮影

「ARIGATO」と「SEE YOU IN PARIS 2024」の文字が映し出された会場=伊藤紘二撮影

【撮影】読売新聞写真部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます