平昌パラリンピック

開会式ハイライト

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

第12回冬季パラリンピック平昌大会が9日、開幕した。韓国での冬季パラリンピックの開催は初めて。48の国・地域の選手ら約570人が、18日まで熱戦を繰り広げる。参加国・地域数、参加選手数とも過去最多で、6競技80種目が行われ、日本選手は5競技に38人が出場する。

太鼓の鼓動と華やかな舞のパフォーマンスで始まった開会式(9日)=武藤要撮影

太鼓が鳴らされる中、開会式の冒頭で披露された華やかな舞踊(9日)=飯島啓太撮影

太鼓が鳴らされる中、開会式の冒頭で披露された華やかな舞踊(9日)=武藤要撮影

色鮮やかな照明で彩られたパラリンピック開会式(9日)=上甲鉄撮影

開会式で披露された太鼓の鼓動と華やかな舞のパフォーマンス(9日)=上甲鉄撮影

開会式で入場するパラリンピック旗(9日)=上甲鉄撮影

開会式会場に入る韓国国旗(9日)=上甲鉄撮影

開会式で入場行進する北朝鮮選手団(9日)=飯島啓太撮影

開会式で入場行進する韓国選手団(9日)=武藤要撮影

日の丸と一緒に手を振りながら入場する旗手の村岡桃佳(9日)=武藤要撮影

開会式で日の丸を振りながら入場する日本選手団(9日)=飯島啓太撮影

聖火を受け取り、手を振る最終点火者のカーリング女子の金恩貞(右)ら(9日)=飯島啓太撮影

開会式でともされた聖火(9日)=上甲鉄撮影

アスリートを現した電飾の巨大像も登場(9日)=飯島啓太撮影

開会式のアトラクションで、宙に浮き上がる大きな山車(9日)=上甲鉄撮影

会場には巨大な球体が現れ、幻想的なパフォーマンスが披露された(9日)=武藤要撮影

開会式のパフォーマンスで、光を手にした人たちや車いすの人たちで渦が出来た(9日)=上甲鉄撮影

聖火がともり、花火が打ち上げられてフィナーレを迎えた平昌パラリンピックの開会式(9日)=上甲鉄撮影

【撮影】読売新聞写真部【制作】読売新聞メディア局編集部
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます