パリモーターショー2018

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

 世界有数の自動車展示会「パリモーターショー」が4日、開幕した。欧州各国で自動車の環境規制が強まる中、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)など電動車中心の展示が目立った。
→記事へ

トヨタの「カローラ」ハイブリッド(3日、ロイター)

トヨタの「C-HR」ハイブリッド(2日、ロイター)

フランスのルノー最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン氏は小型EV「K-ZE」を紹介(1日、ロイター)

ホンダの「CR-V」ハイブリッド(3日、ロイター)

アメリカのテスラのモデルX(3日、ロイター)

フランスのマクロン大統領が会場を訪れ、ルノーの自動運転コンセプトカー「EZ-GO」にカルロスゴーン氏と試乗(3日、AP)

トヨタ系のアイシン精機は、グループ各社と共同で電動化に対応した商品を紹介(3日、ロイター)

REUTERS
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます