令和を迎えて 5月1日の動き

 
読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

東京スカイツリーの「天望デッキ」でカウントダウンし、「令和元年」を祝う人たち(1日午前0時、東京都墨田区で)=守谷遼平撮影

改元の瞬間を祝う大勢の人たち(1日午前0時、大阪・ミナミの道頓堀で)=大石健登撮影

結婚式を挙げた新郎の中嶋裕さん(左)と新婦の松山紗代子さん(1日午前0時25分、大津市で)=長沖真未撮影

大宰府政庁跡で作られた「令和」の人文字(1日午前7時43分、福岡県太宰府市で、本社チャーターヘリから)= 足立浩史撮影

元号が改まり、令和の小旗もはためく浅草の仲見世(1日午前、東京都台東区で)=鈴木竜三撮影

令和最初の日付が入った記念消印を求める人たち(1日午前、東京都千代田区のJPタワーで)=松本拓也撮影

赤坂御所を出られる天皇陛下(1日午前9時52分、東京都港区で)=冨田大介撮影

沿道に集まった人たちに手を振られる天皇陛下(1日午前9時53分)=武藤要撮影

多くの人たちが見守る中、皇居に向かわれる天皇陛下を乗せた車(1日午前9時57分、東京都千代田区で)=松本剛撮影

皇居に到着された皇后さま(1日午前10時48分、東京都千代田区で)=泉祥平撮影

「剣璽等承継の儀」に臨まれる天皇陛下(1日午前10時32分、皇居・宮殿で)=代表撮影

「剣璽等承継の儀」を終えられた天皇陛下(1日午前10時35分、皇居・宮殿で)=代表撮影

「即位後朝見の儀」に臨まれる天皇陛下(1日午前11時12分、皇居・宮殿で)=代表撮影

「即位後朝見の儀」でお言葉を述べられる天皇陛下(1日午前11時14分、皇居・宮殿で)=代表撮影

「即位後朝見の儀」でお言葉を述べられる天皇陛下(1日午前11時14分、皇居・宮殿で)=代表撮影

「即位後朝見の儀」を終えられた天皇、皇后両陛下(1日午前11時19分、皇居・宮殿で)=代表撮影

「即位後朝見の儀」の様子を映す街頭モニター(1日午前11時15分、東京都新宿区で)=若杉和希撮影

二重橋を渡り、皇居を出る天皇陛下を乗せた車の列(1日午後0時28分)=代表撮影

カメラやスマートフォンを手に、皇居外苑で天皇陛下の車列を見守る人たち(1日午後0時29分)=伊藤紘二撮影

上皇ご夫妻にあいさつするため、皇居に入られる天皇、皇后両陛下(1日午後2時54分、皇居・半蔵門前で)=小林武仁撮影

沿道に集まった人たちに手を振られる愛子さま(1日午後2時59分、東京都新宿区で)=上甲鉄撮影

改元を祝い、振る舞い酒とあんパンが配られた松屋銀座(1日午前10時3分、東京都中央区で)=小林武仁撮影

新元号にちなんだ吹き出しが設置された「くいだおれ太郎」(1日午前、大阪市中央区で)=近藤誠撮影

新しい時代の幕開けを祝い、集結しただんじり(1日午前10時51分、神戸市東灘区で、本社ヘリから)=前田尚紀撮影

当時を再現した衣装に身を包み「梅花の宴」で歌を詠む「大宰府万葉会」の人たち(1日午前11時38分、福岡県太宰府市で)=浦上太介撮影

高木聖雨氏が書いた「令和」の文字の前で始球式を行う最年少プロ棋士の仲邑菫さん(中央)(1日午後1時47分、東京ドームで)‖竹田津敦史撮影

横浜港大さん橋国際客船ターミナルの屋上で作られた「令和」の人文字(1日午後1時17分、横浜市中区で、本社ヘリから)=佐々木紀明撮影

参拝客に対して、日本酒がふるまわれた明治神宮(1日)=奥西義和撮影

お祝いのちょうちんを手に、通りを練り歩く人たち(1日午後7時20分、新潟県村上市で)=鈴木毅彦撮影

皿倉山山頂付近に点灯された「令和」の文字(1日午後7時28分、北九州市で)=大野博昭撮影

【撮影】読売新聞写真部【制作】読売新聞配信部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます