ラグビー W杯

日本 対 南アフリカ ハイライト

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は20日、準々決勝が行われ、日本は南アフリカと東京スタジアムで対戦、3ー26で敗れ、初の4強入りを逃した。日本は相手のミスもあり前半を3ー5でしのいだが、後半は南アフリカの防御に苦しみ、2トライを許して突き放された。

国歌斉唱する日本代表=伊藤紘二撮影

前半、山中のタックルが及ばす、南アフリカのマピンピに先制のトライを許す=杉本昌大撮影

前半、相手選手をかわして突破を図る福岡=川崎公太撮影

前半、相手の反則を誘い、拳を突き上げる姫野=青山謙太郎撮影

前半、ペナルティーゴールを決める田村=川崎公太撮影

前半、タックルを受けながら前進するリーチ=伊藤紘二撮影

前半、激しいタックルを受ける松島=川崎公太撮影

前半、熱戦を繰り広げる両チームの選手=伊藤紘二撮影

前半、熱戦に盛り上がるスタンドの観客たち=西孝高撮影

後半、相手選手をかわそうとする松島=杉本昌大撮影

後半、デクラークにトライを決められる。左は福岡、右はラファエレ=伊藤紘二撮影

後半、南アフリカに阻まれるリーチら日本代表=伊藤紘二撮影

南アフリカに敗れ、悔しそうな表情を見せる日本代表の選手たち=西孝高撮影

試合を終え、健闘をたたえ合う南アフリカと日本代表の選手たち=青山謙太郎撮影

試合を終え、記念撮影で笑顔を見せる日本代表の選手ら=杉本昌大撮影

あいさつする日本代表の選手たちに拍手する観客席のファンら=伊藤紘二撮影

【撮影】読売新聞写真部【制作】読売新聞配信部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます