読売新聞社

写真で振り返る竜王戦第1局

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

対局前日の8日、前夜祭が行われた。記念撮影に応じる豊島将之竜王(右)と羽生善治九段

対局開始は9日午前9時。先に対局場入りしたのは挑戦者の羽生九段だった(東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で)

続いて豊島竜王が到着

豊島竜王と羽生九段が駒を並べ、対局開始を待つ

振り駒の結果、先手は羽生九段になった。初手を指す羽生九段(左)

開始早々、いきなり気の抜けない局面になった。考え込む豊島竜王

羽生九段にとっても難しい判断を迫られる局面だ。天井を見上げ、思考を巡らせる

午前10時、豊島竜王のおやつは「フルーツの盛り合わせ」

羽生九段は「プリンアラモード」

昼の食事休憩に入った時の盤面(手前側が豊島竜王)

豊島竜王の昼食は「国産牛の網焼き”ステーキ重”温野菜添え」

羽生九段の昼食は「特選かるめら 黒印度カレー」

昼食休憩が終わり、対局再開。扇子を手に盤面を見つめる羽生九段

袖をまくって腕を組む豊島竜王

26手目を前に熟考する豊島竜王。すでに勝負どころを迎えている

眼鏡をはずし、盤上を見つめる羽生九段

盤上を見つめる豊島竜王

夕刻、立会人の森内俊之九段(右)に封じ手を手渡す羽生九段(左)。中央は豊島竜王

2日目。対局再開を前に駒を並べる羽生九段(左)と豊島竜王

封じ手の入った封筒にハサミを入れる立会人の森内九段

能楽堂で竜王戦が行われるのは4年連続。格式のある舞台で2日目の対局に臨む豊島竜王(右)と羽生九段

盤上を凝視する豊島竜王。駒が躍動し、攻勢が続いている

長考の末、37手目の▲6八香打を指す羽生九段。自陣を補強する我慢の一手だ

2日目の昼食休憩に入った時の盤面

昼の休憩を終え、再開を待つ豊島竜王

対局再開、盤上を見つめる羽生九段

棋譜を確認する豊島竜王(右)

盤上を見つめる羽生九段(左)。手前は豊島竜王

羽生九段が投了

感想戦で対局を振り返る豊島竜王(右)と羽生九段

短手数だが密度の濃い戦いだった。激闘の余韻が残る対局場で、両者の感想戦が続いた。

  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます